ジープラングラー「ディーラー車検」費用は全部でいくらかかったか?

【諸費用】総額24,500円

車検をディーラーに代行してやってもらうための費用です。

検査登録代行料 9,000円
テスター料 9,500円
産業廃棄物処理量 6,000円
合計 24,500円

(※価格は税抜き)

(産業廃棄物処理量は、部品交換を行なった場合のみ必要)

【点検整備 技術料】33,000円

ジープ 点検

60項目にわたる定期点検と整備を行うための技術料として33,000円かかりました。(税抜き)

主な内容として、

  • エンジン本体、エンジン付属品点検
  • ブレーキ廻り点検・分解・調整
  • ハンドル廻り点検・分解・調整
  • ミッション関係点検・分解・調整
  • サスペンション及びボディー下回り点検締め付け
  • ライト関係装置・点検・調整
  • 保安確認検査料(排気ガス・ライト調整・ブレーキ)
  • エンジン及び下廻りスチーム洗浄
  • 専用テスターによるNG信号診断

などでした。

【パーツ交換】総額74,140円

3年間で消耗したパーツを交換しました。交換したパーツを値段の高い順番に説明していきます。

【交換パーツ1】バッテリー(41,000円)

車の電力を担っている大事なパーツ「バッテリー」。

ジープ バッテリー

専用テスターで、どのくらいバッテリーが消耗しているかをチェックしてもらいました。

ジープラングラー バッテリー

写真(上)の赤丸が、ジープのバッテリーの箇所

結果は「現時点ではまだ大丈夫だけど、半年後の冬は心配なレベル」とのこと。

ジープラングラー バッテリー交換

交換したジープラングラーのバッテリー

冬キャンプやスキーなど寒冷地によく行くし(冬キャンプでバッテリーが上がったら…想像するだけで怖いので)、交換してもらうことにしました。

ジープ 雪

初心者のための「冬キャンプ」を楽しく乗り切る「ちょっとした知識やコツ」と「ちゃんとした道具(テント・暖房器具・服装など)」の紹介。冬キャンプでしか味わえない5つのメリットなどを詳しく解説しています。

【交換2】リヤブレーキパッド(22,900円)

ブレーキパッドは、ブレーキを使うたびに消耗してすり減っていきます。

ジープラングラー ブレーキパッド

ジープラングラーの「ブレーキパッド」

特に後輪ブレーキパッドの消耗が激しかったみたいで交換することになりました。

ジープ リヤブレーキパッド

【交換3】ワイパーブレード(4,000円)

ジープ ワイパーブレード

ワイパーブレードとはフロントガラスのワイパーのゴム部分。

ヒビが入ってきたので左右とも交換しました。

【交換4】エアコンフィルター(3,240円)

ジープ エアコンフィルター

カーエアコンのフィルターも交換しました。

【交換5】ショートパーツ(3,000円)

部品交換の時に、開けた箇所を交換するパーツ費用です。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告




支払った車検の総額費用(合計200,520円)

ジープ 車検価格

今まで述べてきた費用を全部合計した、ディーラー車検で支払った費用は総額は、200,520円(税抜き)でした。

内訳は以下の通りです。

法定費用 68,800円
諸費用 24,500円
点検技術料 33,000円
パーツ交換 74,140円
合計 200,520円

その他「オプション」費用(合計50,000円)

ジープラングラーアンリミテッド 白

車検で車を預けた時にオプションで支払った車検には関係ない費用です。

(やるかやらないかは自由です)

ガラスコーティング メンテナンス(6,000円)

ガラスコーティング ジープ

雨などを弾き、汚れが拭き取りやすいツルツルのコーティングをしてもらいました。

代車費用(1,000円)

代車を使う費用として1000円支払いました。

ジープ 代車

車を預けて家まで自転車で帰ろうかと思いましたが、ケチらず支払いました。(他のジープの車種にも乗って見たかったし)

『ガソリンのメモリが減ったら満タンにして返してください』とディーラーで言われました。※代車費用やガソリン代はディーラーによって違いがあります。

2年間の点検メンテナンスパック(43,000円)

次の車検までの2年間、以下のサービスが受けられるメンテナンスパックに加入しました。

  • エンジンオイル・オイルフィルターの交換と工賃(2回分)
  • 半年・1年半後に点検
  • 法定12ヶ月点検
  • ウォッシャー液補充(制限なし)

以上のメンテナンス料金+工賃のセットサービスを前払いしました。

ジープ メンテナンスフォーユープラス

バラバラでその都度支払うよりも15000円ほど安くなります。

ディーラー以外でエンジンオイルなどを交換したり点検したりすることが多ければ入る必要はないサービスです。

僕が今回払った総額は、250,520円也。

ジープラングラーアンリミテッド

今回、オプション費用も含めた支払った総額は、250,520円(税抜き)でした(^^;

車検に関する合計 200,520円
オプション費用 50,000円
合計 250,520円

(※価格は税抜き)

今回は無料交換だったもの

ジープ エンジンオイル

新車購入時から3年間は定期的に無料交換してもらえるメンテナンスサービスに加入していたので、以下の交換は無料でした。

  • エンジンオイル交換(無料)
  • オイルエレメント交換(無料)
  • ブレーキオイル交換(無料)

当初の「見積」にはあったけど、結局は交換しなかったパーツ

はじめに出してもらった「見積もり」にはあったけど、本当に必要かどうかを質問して、結局は交換しなかったパーツもありました。

ジープ ラジエター

ラジエーター クーラント (10800円+技術料6000円)

ラジエーター クーラントとは、エンジン冷却装置の冷却液。

『ジープのクーラントは5年は持つ』とスタッフさんに伺ったので、今回は交換しませんでした。

エンジン エアクリーナー(3200円)

エンジンの吸入空気を入替えるクリーナー部品。『次の車検(2年後)までは使えます』と伺ったため、交換は次回に先送りしました。

まとめ

ジープラングラーの車検について詳しく解説させていただきました。

ジープラングラー

しっかりと点検・整備をしてもらったおかげで、車検後も快適に運転できています。

ディーラー車検は、一言でいうと「手間と安心を買う」ことだと感じました。

また、自分でもっと時間をかけて調べたり、行動したりという「手間」と、運転中不意のトラブルにも対応できる「知識と技術」があれば、ディーラー車検でなくても問題ない、とも思いました。

とても愛着のある車なので、「これからも大切に長い間乗っていきたい!」と車検を通じて再認識できた良い機会になりました(^^)

ジープラングラー 関連記事

ジープラングラーアンリミテッドに2年間乗ってみて、実感した「ジープラングラーの良い点、悪い点」をまとめてみました。(良い点5つ・悪い点5つ)ジープラングラーのスペックや、種類の違い(スポーツとサハラの違い)なども解説しています。
ジープラングラーアンリミテッドを購入して「結局全部でいくらかかったのか?」という疑問についてまとめました。本体価格(2018.4価格改定)から本当に必要なオプションや付属品、「値引き交渉はできるのか?」などについて詳しく解説しています。
ジープラングラーアンリミテッドの車内空間をもっと「快適」で「便利」にするために、3年間いろいろ試してみた結果、この7つのアイテムは間違いありませんでした。(ちょっと残念だった車内グッズも紹介しています)
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告




レクタングル(大)広告




フォローする