キャンプ虫除け線香「森林香」4つの特徴と2つの誤解・便利な使い方

森林香だけでは油断は禁物

しかしながら森林香を焚いたからといって、蚊やブヨに刺されないわけではありません。

ブヨに刺された

森林香の煙をかいくぐって、刺してくる蚊やブヨはいます。

蚊やブヨに刺されないためには、

  • スプレー式の虫除けを併用する。
  • 肌が露出しないように長袖・長ズボン、服装にする。
  • 足首が隠れる靴下を履く。

など、二重三重の防御手段が必要です。

虫除けスプレー

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告




「森林香」 便利な使い方

「森林香」を便利に使ういくつかの方法を紹介します。

【1】2ヶ所以上で使うと効果的

家族キャンプなど多人数でのキャンプの場合、森林香1つではサイトをカバーしきれません。

少し離した場所に2ヶ所以上に分けて森林香を使うと効果的です。

風が少しある場合は、風上に設置すると効き目がアップします。

【2】バーナーライターを使うと点火しやすい

森林香は厚みがあるので、点火しにくいのが欠点です。

バーナーライター(ガストーチ)があると、確実に素早く点火ができます。

【3】鍛造ペグ(ソリッドステーク)に差し込んで使える

森林香 ソリッドステーク

森林香を入れる専用ケースが無い場合や、数カ所で使用する場合は、テントやタープ固定する時に使用する「鍛造ペグ」に差し込んで使うことができます。

スノーピークのソリッドステーク(20cm)が森林香にピッタリなサイズです。

(おまけ1)蚊取り線香立ても使える

専用ケースやソリッドステークと比べると、多少不安定ですが、蚊取り線香のおまけについている「蚊取り線香立て」も使用できます。

このような感じに森林香をセットできます。

(おまけ2)空き缶のプルトップには差し込めない

空き缶のプルトップに(森林香ではない)蚊取り線香を差し込んで使うと便利です。(空き缶に水を入れて倒れないようにします)

残念ながら、この方法では(森林香が太すぎて)プルトップに差し込めません…

【4】風が強い時は、使ってもムダ

風が強い時間帯は、森林香を焚いても意味がないので使うのはやめましょう。

キャンプ 風強い

理由は2つあります。

「1つ目の理由」は、森林香の煙も風で拡散されてしまい効果が薄くなってしまいます。

「2つ目の理由」は、そもそも蚊やブヨは風が強いとうまく飛べないので、風が強くなると姿を消します。

特に蚊は扇風機の弱い風を受けても飛べなくなってしまうので、携帯用の扇風機を動かしておくと、風の届く範囲には蚊は寄って来にくくなります。

キャンプ 扇風機

キャンプで使う扇風機には「マキタ充電式ファンCF102DZ」が最強な12の理由と、4つの欠点について詳しくレビューしています。初めてマキタ製品を購入する時に迷いやすいバッテリーの選び方や「CF100、CF101、CF102」の違いについても解説しています。

【5】途中で余った場合は折ってまた使う

森林香

森林香を途中で使うのをやめる場合は、火が付いている部分をギリギリのところでポキッと折って、残った部分を保管しておきましょう。

まとめ

キャンプで使う最強の「虫除け線香・森林香」について詳しく解説をさせていただきました。

パワー森林香 キャンプ

「森林香」の特徴をよく理解して、虫の多いシーズンに効果的に使っていきましょう(^^)/


関連記事

キャンプで使う扇風機には「マキタ充電式ファンCF102DZ」が最強な12の理由と、4つの欠点について詳しくレビューしています。初めてマキタ製品を購入する時に迷いやすいバッテリーの選び方や「CF100、CF101、CF102」の違いについても解説しています。
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告




レクタングル(大)広告




フォローする