ジープラングラーで家族旅行【四国編】15泊16日まとめ(九州四国 2800kmの旅)

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告




【14日目】高知(4) 仁淀川でラフティング

朝早く起きて、撤収作業を2時間で終え、

キャンプ場を、9時半にチェックアウト。

予約した「ラフティング(川下り)」の時間(13時)に間に合うように、仁淀川ブルーを堪能しに「安居渓谷」へ。

安居渓谷

仁淀川エリアで「仁淀川の透明さ(仁淀ブルーといいます)」を体感できることで有名なスポット「安居渓谷」。

キャンプ場から約30kmの道のりをドライブ。

しかし、夏休みの影響なのか、渓谷に向かう(狭い)道が大渋滞…

時間の都合上、美しい渓谷の奥部までは入れずに(泣)、渓谷の入り口付近で川遊びをしました。

安居渓谷

それでも川は綺麗だったし、子どもたちは楽しそうだったので、結果オーライでした(^^)

安居渓谷

帰りの道も渋滞。
狭い道路で、対向車に道を譲ろうとしてバックしたところ、左の側溝に脱輪。いくらアクセルを踏んでも動きません(泣)。

ラングラーを運転してきて脱輪を経験したのは初めてだったので、めちゃくちゃ焦りました。

しかし、四駆モードにして、もう一度アクセルを踏み込んだら脱出成功!

「ジープラングラー(四駆車)で良かった!」と思える瞬間でした(^^)

ジープラングラーアンリミテッドに2年間乗ってみて、実感した「ジープラングラーの良い点、悪い点」をまとめてみました。(良い点5つ・悪い点5つ)ジープラングラーのスペックや、種類の違い(スポーツとサハラの違い)なども解説しています。

仁淀川ラフティング

安居渓谷から移動して、道の駅「土佐和紙工芸村」へ到着。

ここで受付をして、キャンプ仲間たちと「ラフティングツアー」に参加。

ラフティングとは、ゴムボートをみんなで漕いで川を下る、アウトドアスポーツ。

ラフティング

みんなで仁淀川を川下りする途中、ボートを停泊させて、大きな岩から川に飛び降りたり、

流れの緩やかなところで、川に潜って遊んだりして、子供たちも大満足。

仁淀川でのラフティングを、思う存分に楽しめました。

高知の友人宅に宿泊

今夜は、高知の友人宅に宿泊。

高知最後の夜、みんなでお酒を傾けることができて、素晴らしい夜になりました。

美味しい高知のお酒に程良く酔って、就寝。

【15日目】高知 → 香川 → 神戸

15日目、旅も残りあと2日。

今日は、香川県で「朝うどん」を食べるため、高知の友人宅を、午前6時30分に出発。

「うどん県」とも言われている香川県では、「朝ごはんに、うどんを食べる」と聞いて、四国最後の朝ごはんにどうしても「うどん」が食べたくなったのです(笑)

うどん(香川県)

讃岐うどんで有名な「香川県」。

その香川県の善通寺市にある、釜揚げうどん有名店「長田in香の香」に、朝9時に到着。

長田in香の香

20分くらい並んで入店し、ようやく人生初の「朝うどん」。

長田in香の香 釜揚げうどん

遅い朝ごはんになってしまいましたが、美味しくいただきました(^^)

香川 → 淡路島 → 神戸

「朝うどん」を食した後、高松自動車道に乗って鳴門(なると)へ。

大鳴門橋を渡り、淡路島を抜けて、今日の目的地である「神戸」へ向かいます。

次ページ」(↓)は、いよいよ旅の締めくくり 「神戸」と「大阪」へ!
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告




レクタングル(大)広告




フォローする