キャンプチェアはヘリノックス「スウィベルチェア」が最強な理由(レビュー)

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告




スウィベルチェア 「5つの欠点」

続いて、ヘリノックス スウィベルチェアの持つ「欠点」と、「対策方法」について具体的に解説していきます。

【欠点1】風に弱い

誰も座っていない状態で、シートに強い風を受けて椅子が転びやすい事が「欠点」といえます。

強風によって(誰も座っていない)スウィベルチェアが飛ばされて、焚き火や水たまりなどに倒れてしまうリスクも考えられます。

【対策】

強風の時、席を離れたり、しばらく座らない場合は、イスを置く場所に気をつけましょう。

余裕があれば、就寝前には、風で動かないようにイス同士で(倒れないように)寄せておくか、座面シートを外して保管しておくと安心です。

ウトガルド

【欠点2】火の粉に弱い

座面シートの素材は、ポリエステル生地

コットン生地のように、火の粉に強いわけではありません。

ポリエステル生地

焚き火の薪が爆ぜて、飛び散る火の粉により、シート生地に穴が空く可能性もゼロではありません。

風が強い夜に、焚き火をする時(特に席を離れるとき)は要注意です。

【対策】 もしシートに穴が開いてしまったら?

画像はイメージです ^^;

画像はイメージです ^^;

万が一、座面シートに穴が空いてしまった場合、以下の対策方法が考えられます。

【方法1】シートの交換が可能(色は黒のみ)

ヘリノックス代理店である「エイアンドエフ」では、座面シートの交換が(有料で)可能です。

しかし、購入できる交換シートは、なぜか「ブラック」一色のみ…


座面シート単体の値段は、以下の通りです。

  • スウィベルチェア 5000円(税抜)
  • チェアツーホーム 6500円(税抜)

他の色も購入できると、もっといいんですけどね〜

【方法2】テンマクデザインの「チェアカバー」を取り付ける

テンマクデザインから、ヘリノックス製品に取付け可能な「チェアカバー」が販売されています。

画像(下)のように、座面シートの上に覆うように、チェアカバーを取り付けることができます。

テンマクデザイン チェアカバー

空いた穴を隠すこともできますし、あらかじめカバーをつけておけば、焚き火の時に穴あき予防にもなるので安心ですね。

【方法3】ワッペンを貼る

穴が空いた箇所に、お気に入りのワッペンを貼り付けても良さそうです。


【欠点3】組立と片付に時間がかかる

ワンアクションで組み立てが完成する(折りたたみ式などの)ローチェアと比べて、組み立てと片付けに「時間」がかかります。

組み立てには、収納ケースから出して、まず「骨組み部分」を組み立てなければいけません。

慣れればなんてことは無いのですが、手間といえば手間です。

片付ける時も、外した座面シートに骨組み部分を包んでケースにしまうのに、若干の時間が必要です。

【欠点4】砂浜や雪の上だと、足が沈んでしまう

砂浜や雪の上にヘリノックスチェアを置いて座ると、イス足の先端に自重が集中して、地面に沈んでしまいます。

【対策1】雪はしっかり踏み固める

雪中キャンプなど、雪の上で使用する場合は、イスに座る前に「しっかりと雪を踏み固めること」が大事です。

「雪中キャンプの設営」で本当に役立った「4つの道具」と、雪中での「テント設営のコツ」について詳しく解説します。最適な道具と便利なコツを駆使して、寒さで億劫な作業を 楽しいアクティビティに変えることができます!

【対策2】純正オプションキットを使用する(砂浜・雪上)

沈みにくくするための「純正オプションキット」を、イス足の先端に付けると改善されます。



【欠点5】 頭部が支えられない

スウィベルチェアのシート面積では、体の「首と頭と肩」部分を支えることができません。

【対策】「チェアツーホーム」と併用で完璧

頭部まで上半身全体をシートに支えてもらいたいのであれば、スウィベルチェアの他に、もう一つのお勧め「ヘリノックスチェア」があります。

スウィベルチェアとチェアツーホーム

ヘリノックス「チェアツーホーム」、という最適なキャンプチェアがあります。

チェアツーホームは、スウィベルチェアのように回転はできませんが、座面シートの縦幅が長いため、頭までしっかりと支えてくれます。

我が家(4人家族)では、「スウィベルチェア」と「チェアツーホーム」を、キャンプで両方(2つずつ)使っています。

ヘリノックス キャンプ

専用ケース収納時、大きさの違いは?

専用ケースに収納した時は、スウィベルチェアとチェアツーホームで大きさが少し違います。(チェアツーホームの方が大きいです)

「チェアツーホーム」については、こちらの関連記事(↓)に詳しく解説しています
ヘリノックス チェアツーホーム「5つの良い点」と「3つの欠点」。他のヘリノックス シリーズとの違いなどについて、詳しくレビューしています。

まとめ

ヘリノックス スウィベルチェア(タクティカル)について、詳しく解説してまいりました。

座面シートが回転する「スウィベルチェア」は、たくさんの長所を持ち合わせた「キャンプで最強」のキャンプチェアです。(欠点もありますが…)

今まで色々なキャンプチェアを購入して試してきましたが、僕の場合は、最終的に この「スウィベルチェア」にたどり着きました。

まだ座ったことが無い方は、ぜひ試してみて下さいね(^^)オススメです!

【今回のブログで紹介したキャンプ道具 まとめ】

キャンプチェア

スウィベルチェアをより快適にしてくれる「純正オプションパーツ」

背面シートのベルクロに取り付け可能なオプションキット

焚き火対策としてのチェアカバーなど

ヘリノックス製品の関連記事

ヘリノックス チェアツーホーム「5つの良い点」と「3つの欠点」。他のヘリノックス シリーズとの違いなどについて、詳しくレビューしています。
キャンプチェア・テーブル・コットなどに簡単に取り付けができる「小物入れ」、ヘリノックス「テーブルサイドストレージ」の「4つの特徴」と、意外と知られていない「便利な使い方」について詳しく解説しています。
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告




レクタングル(大)広告




フォローする