ふもとっぱら【攻略ポイントと注意点】キャンプ場レポート(静岡県富士山)

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告




ふもとっぱら「9つの注意点」

【注意点1】天候が変わりやすい

ふもとっぱらは山間部の高原に位置するため、平地と比べて天候が変わりやすいので注意が必要です。

ふもとっぱらの所在地である「静岡県富士宮市」の天気予報では晴れになっていても、雨が降ることも珍しくありません。

晴れの予報でも、雨具は念のために持って行きましょう。

ちなみに天気が悪いと、富士山は見えず何も無い原っぱになってしまいます…

【注意点2】朝夕は冷え込む

ふもとっぱらの標高は830m

ふもとっぱらは標高830mの高地にあるため、平地と比べて気温が低くなります。

特に日が落ちると、急に冷え込んできます。

真夏でも上着を一枚は必ず余分に持っていきましょう。

肌寒い季節は、防寒具や石油ストーブなどの対策が必須です。

フジカハイペット

初心者のための「冬キャンプ」を楽しく乗り切る「ちょっとした知識やコツ」と「ちゃんとした道具(テント・暖房器具・服装など)」の紹介。冬キャンプでしか味わえない5つのメリットなどを詳しく解説しています。

【注意点3】連休は大混雑を覚悟するべし

キャンプシーズン(春、夏、秋)の連休は、かなり混み合います。

ふもとっぱら混雑の様子

8時半からチェックインの受付が開始されますが、朝の5時ごろからすでに並んでいる車もあり、場内が受付待ちの車で渋滞します。(受付まで1時間以上待つこともあります)

入場者数が1500組に達すると入場制限がかかるため、混み合っていても(窮屈さは感じますが)テントを張る場所が無くなることはありません。

【注意点4】強風が吹く

ふもとっぱらは広大な原っぱなので、風を遮るものが無く、山から吹き下ろされる風がとても強くなることがあります。

ふもとっぱら強風

タープやテントを支えるペグは、丈夫で長めのペグ(鍛造ペグがおすすめ)を打ち込んでおきましょう。

タープポールも太めの丈夫なポールを準備しておきましょう。

強風で危険を感じたら、キャンプ道具はテントか車にしまってタープはたたんだ方が賢明です。

台風シーズンなどで、強風や大雨が見込まれる天気予報ならば、キャンプを中止する決断も必要です。(キャンセル料はかかりません)

【注意点5】水はけが悪い

ふもとっぱらの地質は粘土質のため、雨が降るとぬかるんで、水たまりが点在します。

ふもとっぱら水はけ

テントを張った場所が水たまりでグチャグチャにならないように、設営する場所に注意しましょう。(窪んだ場所は避ける)

雨でぬかるんだ地面を移動するにはゴム長靴が必須です。雨予報の場合は必ず持っていきましょう。

【注意点6】露で靴が濡れる

朝、地面の草に露が発生します。

寒い日は、霜が降りています。

朝露や霜で濡れた地面を歩くと、靴が濡れてきます。

濡れても構わない靴、もしくは防水機能のある靴を持って行きましょう。

【注意点7】「富士山と原っぱ」以外は何も無い

ふもとっぱらには「富士山と原っぱ」しか無く、子供が遊べる遊具などは何もありません。

遊具が無いと飽きてしまうようであれば、家から遊び道具などを持っていきましょう。

もし子供が飽きてしまったら、「朝霧高原もちや」という遊具がたくさんある公園施設も近く(車で5分)にあります。(有料です)


【注意点8】ふもとっぱらの「お風呂」は混雑時のみ

ふもとっぱらのお風呂は混雑時(土曜日や連休時)のみ解放されます。(後述します)

それ以外の日程では、近隣の温泉施設を利用しましょう。

近隣の温泉施設

あさぎり温泉 風の湯(車で15分・9km)

ふもとっぱらから一番近い温泉施設です。

あさぎり温泉風の湯

残念ながら、お風呂から富士山は見えません(^^;

  • 静岡県富士宮市上井出3470-1
  • TEL 0544-54-2331
  • 営業時間:10:00~22:00
  • 定休日:火曜日(祝日の場合は翌日)
ふもとっぱらが混雑している時は、ここのお風呂も混み合います。(人数制限で待つこともあるので電話で確認しましょう)

【注意点9】近くにコンビニはあるけどスーパーはない

ふもとっぱらの近くにはコンビニが2軒(ファミマとセブンイレブン)ありますが、スーパーは遠いので肉、魚、野菜、氷(夏は売り切れが多い)などは事前に買っておきましょう。

ファミリーマート富士宮朝霧店(車で4分・2km)

ファミリーマート富士宮朝霧店

  • 静岡県富士宮市麓481-21

セブンイレブン富士宮朝霧高原店(車で6分・3.5km)

セブンイレブン富士宮朝霧高原店

  • 静岡県富士宮市猪之頭1118-4

マックスバリュ 富士宮宮原店(車で30分・20km)

キャンプ場からスーパーまでは、少し距離があります。


  • 静岡県富士宮市宮原1-4

キャンプ場内の施設について

キャンプ場 入り口

キャンプ場の入り口には、看板が出ているので迷うことはありません。

ふもとっぱら入場口

入り口から1本道をまっすぐ行くと受付に着きます。

夜22時には、入場ゲートが閉まります。

管理棟(受付)

チェックイン、アウトの手続きを受付で行います。

ふもとっぱら受付

混雑時は、管理棟近くのプレハブ小屋を使って、ドライブスルーみたいに受付をしていきます。

チェックインを済ませたら、受付票を車のバックミラーに掛けておきます。(チェックアウト時に受付票を返却します)

売店(管理棟内)

売店の営業時間は、8時半から19時頃までです。

ふもとっぱら売店

売店で売っているもの

ジュース、ビール、お菓子、レトルト食品、中性洗剤、ガス缶など必要最低限のモノしか売っていないので、事前に買い物は済ませておきましょう。

お風呂(大浴場)

土曜日や連休のみ、大浴場を解放しています。(無料です)

ふもとっぱらお風呂

混んでいる日なので、お風呂も当然混み合います。利用するなら早めの時間が狙い目です。(利用時間は18時〜22時)

シャンプー、ボディソープなどはありますが、ドライヤーはありません。

ふもとっぱら名物「逆さ富士」ポイント

常設トイレ近くの「池」に、鏡のように富士山が反射して見える「逆さ富士」の絶景ポイントがあります。

ふもとっぱら名物逆さ富士

風の影響で池の水面が揺れて、逆さ富士が見られない時もあります。

ゴミ捨て場(管理棟の隣)

管理棟の隣にゴミ捨て場があります。

専用のゴミ袋(1枚100円)を買って、燃えるゴミを処理できます。(缶やペットボトルなどは無料で捨てることができます)

ふもとっぱらゴミ捨て

炭や灰を捨てられる場所も、ゴミ捨て場の近くにあります。

ふもとっぱらキャンプ場の予約方法

公式ウェブサイトの予約画面から行います。


イベント使用などでキャンプ場の予約ができない日もあります。イベントの有無は、ふもとっぱら公式ページで確認できます。

チェックイン、チェックアウト時間

  • チェックイン 8:30~(17:00まで)
  • チェックアウト14:00

利用料金(キャンプ1泊)

  • 1名 2000円(テント1張、車両1台含む) タープ+500円
  • 2名〜5名 3500円(テント1張、車両1台含む)タープ+1000円 、1名追加+1000円

(2018年4月より改定されました)

キャンセル方法・キャンセル料金

  • キャンセルはインターネットの予約確認画面からできます。(電話でもできます)
  • キャンセル料はかかりません。

まとめ

壮大な富士山の見えるキャンプ場「ふもとっぱら」について、解説させていただきました。

ふもとっぱらの開放感に浸りながら、美しい富士山をぼぉーっと眺めているだけで、毎回なんとも幸せな気持ちになれます。

ふもとっぱらでキャンプをする予定の方々に、少しでも参考にしていただければ幸いです(^ ^)

【ふもとっぱら基本情報】

【富士山の見えるキャンプ場 関連記事】

美しい富士山のふもとにある本栖湖の湖畔に位置する「浩庵キャンプ場」。このブログ記事では、浩庵キャンプ場の特徴や注意点、テントサイトの種類や各施設などを地図付きで詳しく解説します。混雑時の攻略ポイントなども載せています^^
富士山を一望できる「やまぼうしオートキャンプ場(静岡県御殿場市)」の 8つの特徴、テントサイトの情報(サイト地図付き)や施設の紹介、キャンプ場の5つの注意点などをブログで詳しく解説しています。



スポンサーリンク
レクタングル(大)広告




レクタングル(大)広告




フォローする