【青川峡キャンピングパーク】9つの良い点と8つの注意点(三重県)キャンプ場レポート

青川峡キャンピングパーク「場内施設」を紹介

キャンプ場内の主な施設について紹介していきます。

青川峡キャンピングパーク

入場ゲート(キャンプ場 入り口)

キャンプ場に入場するためのゲートです。

ここで駐車券を取って、センターハウスに持っていきます。

忘れずに駐車券に認証を押してもらいましょう。

ゲートは夜21時から翌朝8時までは閉まっています。車の入退場ができません。

センターハウス(管理棟)

入場ゲートを通ってまっすぐ進むと、センターハウス(管理棟)に到着します。

青川峡キャンピングパーク  管理棟

センターハウス内には、売店・お風呂・ライブラリー・トイレなどの施設が整っています。(営業時間:8時〜21時)

センターハウス内の受付で、チェックイン、チェックアウトの手続きなどを行います。

売店(センターハウス内)

青川峡キャンピングパーク  売店

売店には、キャンプ用品、ジュース・お酒、インスタント食品、調味料、生活雑貨、お土産物などが数多く販売されています。

350mlの缶ビールも、250円と良心的な価格設定です(うれしい)

青川峡キャンピングパーク  ビール

薪も500円で販売しています。

売店の営業時間もセンターハウスと同じ8時〜21時です。

お風呂(センターハウス内)

先述しましたが、センターハウス内に無料のお風呂があります。

男女ともに10名の定員があります。(受付時間:17時〜20時半)

ライブラリー(センターハウス内)

星や虫などの図鑑、小さい子向けの絵本、キャンプやアウトドアグッズに関する本もたくさんあります。

本の持ち出しはできません。ライブラリーのあるセンターハウス内での閲覧になります。

サニタリー(炊事場・トイレ・ゴミ捨て場)

「サニタリー」は、炊事場・トイレ・ゴミ捨て場・シャワー室などを集めた施設です。

青川峡キャンピングパーク  サニタリー

キャンプ場内にサニタリーは2ヶ所あります。

少し場所の離れた「かもしかキャンプフィールド」にもサニタリーの様な専用施設が別にあります。

炊事場(サニタリー内)

サニタリー内にある炊事場。

洗剤は環境保全のため、備え付けのエコ石鹸を使用するのがルールです。(合成洗剤は使えません)

ゴミ捨て場(サニタリー内)

燃えるゴミ、リサイクルゴミ(ペットボトル、缶など)、燃えないゴミ(ガス缶)、ダンボールなどに分別して捨てます。

青川峡キャンピングパーク  ゴミ捨て

シャワールーム(サニタリー内)

サニタリー内にはコインシャワー室があります。(5分/200円)

ランドリー(サニタリー内)

コインランドリー(200円)と、コイン乾燥機(30分100円)も設置してあります。

トイレ(サニタリー・センターハウス内)

トイレは掃除が行き届いていて清潔です。水洗で温水便座・ウォシュレット付きです。

青川峡キャンピングパーク  トイレ

全てが洋式トイレではなく和式トイレもあります。

灰捨て場

焚き火やバーベキューなどで出た灰を捨てる場所です。

場内に数カ所あります。

炭火焼ハウス

炭火焼ハウスは、大人数でバーベキューができる施設です。

青川峡キャンピングパーク  炭火焼ハウス

屋根付きなので雨の日も安心です。

テントサイト以外の宿泊施設

青川峡キャンピングパークでは、テントを張って宿泊する方法以外に、ログハウスやコテージなどの宿泊施設が充実しています。

ログハウス(3棟)

ログハウスにはトイレがありません。近くのサニタリーを利用します。

寝具が無いので用意しておく必要があります。

【室内】

  • 約10畳のフローリング、ロフト付き
  • エアコン、床暖房、照明、AC電源
  • (トイレは無し)

【室外】

  • 屋根付きウッドデッキ
  • 薪ストーブ
  • 給湯器付きシンク、テーブル、イス、照明、AC電源

ログキャビン(2棟)

ログキャビンにはトイレやシャワールームが付いています。

青川峡キャンピングパーク  ログキャビン

【室内】

  • 約10畳のフローリング
  • シャワールーム、トイレ、ロフト、エアコン、床暖房、冷蔵庫、炊飯器、電気ケトル、食器
  • 寝具付き

【室外】

  • 屋根付きウッドデッキ、
  • 給湯器付きシンク、バーベキューコンロ、テーブル、イス、照明、AC電源
  • 薪ストーブ

トレイラーキャビン(1棟)

トレイラーキャビンは、広々としたウッドデッキがあります。

【室内】

  • トイレ、エアコン、ガス給湯器付きシンク、冷蔵庫、
  • 寝袋(シュラフ)

【室外】

  • ウッドデッキ、照明、テーブル、イス、温水給湯器付きシンク、AC電源
  • BBQガスグリル
  • 薪ストーブ

コテージ(5棟)

コテージにはウッドデッキはありませんが、室内の装備がかなり充実しています。

青川峡キャンピングパーク  コテージ

【室内】

  • 和室、ロフト付き
  • キッチン、トイレ、風呂、エアコン、調理器具、食器
  • 寝具
  • テレビ、 冷蔵庫、電子レンジ、炊飯器、電気ケトル、ト-スタ-

アイランドコテージ(5棟)

広々としたアイランドキッチンが付いています。

青川峡キャンピングパーク  アイランドコテージ

【室内】

  • アイランドキッチン、トイレ、風呂、エアコン、バ-ベキュ-コンロ(アミ、トング、火ばさみ付き)、調理器具、食器
  • 寝具
  • テレビ、冷蔵庫、電子レンジ、炊飯器、電気ケトル、ト-スタ-

キャビングサイト(5棟)

2018年にオープンした CABIN’G(キャビング)サイトは、以前「トレーラーサイト」だった場所を改築して作られました。

ログハウスメーカー「BESS」のログ小屋とウッドデッキを合わせた新しい宿泊施設です。

青川峡キャンピングパーク 情報まとめ

チェックイン チェックアウト時間(キャンプサイト)

  • チェックイン   14:00〜17:00
  • チェックアウト 8:00〜10:00
スノーピーク、モンベル、ワイルド1、ユニフレームいずれかのメンバーズカードを持っていると、インとアウトの時間を変更でき、1時間長く滞在できます。

アーリーチェックイン・レイトチェックアウトについて(キャンプサイト)

  • アーリーチェックイン → 10時からのチェックインが可能
  • レイトチェックアウト → 16時までのチェックアウトが可能
  • 料金:いずれも1000円

利用日の前日に電話にて申込をします。混雑状況によっては利用できないこともあります。

青川峡キャンピングパーク 予約方法

キャンプ利用日の3ヶ月前の10日より電話とホームページから予約が可能。

予約時の攻略ポイント

電話だと午前9時からしか予約受付ができないため、24時間受付ができるインターネット予約を利用した方が良い。3ヶ月前の「●月9日」に、夜日付が10日になる0時ちょうどに予約する方法がベスト。

キャンセル料 発生時期について

利用日の2週間前(同じ曜日)からキャンセル料が発生します

  • 利用日の2週間〜4日前 :サイト料金の30%
  • 利用日の3日〜前日 :サイト料金の50%
  • 利用日の当日17時まで :サイト料金の80%
  • 利用日当日17時までに連絡がない場合 :利用料金の100%

さいごに

青川峡キャンピングパークについて、キャンプ場レポートを書かせていただきました。

初心者からベテランキャンパーまで、キャンプを快適に楽しめる青川峡キャンピングパーク。

まだ行かれたことのない方は、ぜひ行ってみてくださいね(^^)

特にファミリーキャンプにお勧めですよ! 僕の家族もみんな大好きなキャンプ場です。

関連記事

スポンサーリンク
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
このブログを書いてる人
キタガガ

キャンプが好きでブログ「キャンプ200gください」を書いています。

「キャンプ200gください」の更新をフォローする
キャンプ場レポート
スポンサーリンク
「キャンプ200gください」の更新をフォローする
キャンプ200gください