【レビュー】最強クラスの大型ポータブル電源 BLUETTI AC200P(#pr)

大型ポータブル電源 BLUETTI AC200P キャンプ

大型ポータブル電源「BLUETTI(ブルーティ)AC200P」を、メーカーさんよりご提供いただきましたので、その使い勝手などを正直にレビューさせていただきます。

BLUETTI AC200P

今回は、以下のポイントを詳しくレビューしています。

  • BLUETTI AC200P「6つの特徴」
  • 実際に使って分かった「5つの良い点」
  • 購入前に知っておきたい「9つの注意点」
  • 次回は改善してほしい「惜しいポイント3つ」
  • AC200Pが「向いている人・向いていない人」
スポンサーリンク

BLUETTI(ブルーティ)AC200Pがよくわかる「6つの特徴」

BLUETTI(ブルーティ)AC200Pがよくわかる「6つの特徴」

まずは、BLUETTI「AC200P」の全体像がよくわかるように、AC200Pの「大きな特徴」を全部で6つ、順番にわかりやすく解説していきます。

(特徴1)圧倒的な大容量バッテリ

AC200Pは、2000Wh(ワットアワー)というポータブル電源の中では圧倒的に大きなバッテリ容量を持っています。

圧倒的な大容量バッテリ(2000Wh)

2000Whってそんなにすごいの?

いきなり”2000Whは大容量!”といっても、ピンとこない方もたくさんいらっしゃると思います。(僕もそうでした)

ちなみに一般的なポータブル電源のバッテリ容量は「300〜600Wh」です。

一般的なポータブル電源のバッテリ容量は「300〜600Wh」

それらのポータブル電源と比べると、2000Whという数値がかなりの大容量だということがわかります。

容量が2000Whもあれば、高出力の代表ともいえるドライヤー(1200w)を”強モード”で使っても、1時間以上使い続けられますし(そんなに使わんけど)、スマホの充電は160回以上も行うことができます。

BLUETTI AC200Pの液晶画面

(特徴2)圧倒的な高出力

AC200Pの定格出力は2000Wです。

BLUETTI AC200P 圧倒的な高出力(2000W)

W(ワット)とWh(ワットアワー)って何が違うの?

先ほど述べた2000”Wh”は、ポータブル電源の”容量”のお話でしたが、2000W(ワット)というのは「電気が仕事をする力=出力」という、また別のお話になります。

  • W(ワット)=電力(電気が仕事をする力、出力)
  • Wh(ワットアワー)=容量、電力量(消費する電力の量)

家電製品はそれぞれ必要となる”出力(電気のチカラ)”が違います。例えば、熱を作り出すような家電(電気ポッド、ドライヤー、ホットプレートなど)は、けっこう高い出力(800W〜1600W)が必要になります。

熱を作り出すような家電(電気ポッド、ドライヤー、ホットプレートなど)は、けっこう高い出力(800W〜1600W)が必要

つまり低出力のポータブル電源では動かせないのね。

出力が2000Wあれば、高出力が必要なほとんどの家電が使用できます。

例えば、高い出力を必要とする代表格である電子レンジ、炊飯器、ドライヤー、ホットプレートなども余裕で使用できてしまいます。

BLUETTI AC200Pと炊飯器

BLUETTI AC200Pがあれば、電源のない場所では使うことができなかった様々な家電製品を自由に使うことができます。

キャンプとポータブル電源

キャンプなどのアウトドアや車中泊だけでなく、停電時の防災にもうってつけだね。

 

(特徴3)安全性の高い”リン酸鉄リチウム電池”

そもそも「リチウムバッテリー」って安全なの?

リチウムバッテリーって安全なのかしら?

ポータブル電源に搭載されている「リチウムバッテリー」は、ショートを起こしたり高温になった場合、発火や爆発をしてしまう可能性がゼロではありません。

リチウムバッテリーの安全性

過去にもリチウムバッテリーを搭載しているスマホ、モバイルバッテリー、パソコンなどが発火や爆発してニュースになったり、行政からも注意を喚起する情報発信がされています。

(出典:東京消防庁

 

安全性の高い”リン酸鉄リチウム”

BLUETTI AC200Pに搭載されているバッテリーは、リチウムイオン電池の中で最も安全性が高い「リン酸鉄リチウムバッテリー」を使用しています。

最も安全性が高い「リン酸鉄リチウムバッテリー」を使用

(出典:BLUETTI公式

 

「リン酸鉄リチウム」は、他のリチウム電池と比べて熱に強く安定しているため、発火リスクが一番低く「最も安全性が高いリチウム電池」と言われています。

いわゆる”三元系”や”リチウムポリマー系”のリチウム電池を使っているポータブル電源も多くありますが、リン酸鉄リチウム電池を使っているAC200Pは「安全性」という点において、大きなアドバンテージを持っています。

「安全性」がある反面、三元系やリチウムポリマー系と比べると「重量が重い」という欠点を持ちあわせています(くわしくは後述します)

充電回数は3500回以上

リン酸鉄リチウム電池のもう一つの利点として”電池の持ちが良いこと”が挙げられます。

BLUETTI AC200Pの充電回数は3500回以上

BLUETTI AC200Pの充電サイクル数(フル充電と放電を繰り返すことが何回できるかを示した数値のこと)は驚愕の3500回以上です。(※メーカー公表値)

3500回というと毎日容量を使い切って充電と放電を繰り返しても9〜10年、週に2、3回充電する使い方でも20〜30年以上も使用できる計算になるね!

この「3500回」というサイクル数は、一般的なポータブル電源と比べて5倍〜7倍も多い回数です。(三元系リチウムなどのポータブル電源は500〜700回くらいのものが多い)

(出典:BLUETTI公式

 

一般的なポータブル電源よりも、バッテリー寿命が何倍も長くてコスパが良いことも、BLUETTI AC200Pの大きなメリットです。

(特徴4)最大17台のデバイスが同時に使える

BLUETTI AC200Pは最大17台のデバイスが同時に使える

多様な出力ポート

AC200Pには、以下のような種類の出力ポートがそろっています。

BLUETTI AC200Pの出力ポート

  • AC100V出力(いわゆる家庭用コンセント):6口
  • 15Wワイヤレス充電:2ヶ所
  • Type-Cポート:1口 (60W Max)
  • USB-Aポート:4口
  • 12V/3Aポート:2口
  • DC 12V/10Aシガーライターポート(シガーソケット):1口
  • 12V/25A 車用ポート:1口

しかも、同時に合計17台の接続が可能です。

たくさんのデバイスに同時に接続できちゃうのね!

ちなみに、ワイヤレス充電ポートはワイヤレス充電対応のスマホ(iPhoneだと8以降)など、天板に置いて電源スイッチを入れるだけで充電できます。

BLUETTI AC200Pのワイヤレス充電ポート

充電ケーブルを忘れてもワイヤレス充電できちゃうのは便利だね。

 

(特徴5)操作しやすい液晶タッチパネル

AC200Pの物理ボタンは、電源ボタンしかありません。

AC200Pに付いている物理ボタンは電源ボタンだけ

電源ONとOFF以外の全て操作は、タッチパネルで行います。

BLUETTI AC200Pのタッチパネル操作

操作がスマホみたいでわかりやすいわね。

一目でわかる「液晶表示画面」

液晶パネル(タッチパネル)を見れば、リアルタイムで充電と放電の状況がわかります。

BLUETTI AC200Pのタッチパネル画面

使用中の電気器具の消費電力、バッテリー残量、充電量など、液晶パネルを見れば一目で確認できます。

BLUETTI AC200Pの消費電力、バッテリー残量、充電量

液晶画面のおかげで暗闇でも見やすいので、夜の屋外で使用している時も便利です。

BLUETTI AC200Pは液晶画面のおかげで暗闇でも見やすいので、夜の屋外で使用している時も便利

(特徴6)大型ポータブル電源 AC200Pの「サイズと重量」

大型ポータブル電源AC200Pはバッテリが大容量なので、容量に比例してサイズと重量も大きくなります。

AC200Pの「実寸サイズ」

AC200Pのサイズは、メーカー公表値は、約42cm(幅)×28cm(奥行き)×38.6cm(高さ)となっていますが、実際にで測ってみると(↓)

AC200Pのサイズ

  • 幅 :約42cm(カタログ値 42cm)
  • 奥行:約30cm(カタログ値 28cm)
  • 高さ:約38cm(カタログ値 38.6cm)

カタログ値とほぼ同じでした。

BLUETTI AC200Pの実測サイズ

角(かど)が丸くなっているデザインだから、コンパクトに見えるね。

大きさを例えると、大き目のデスクトップパソコン(本体)くらいのサイズ感、もしくはクーラーボックスやファンヒーターくらいのサイズ感です。

BLUETTI AC200Pはクーラーボックスくらいの大きさ

並んでいるのはイエティのクーラーボックス「タンドラ35」

重量は約30kg

AC200Pの重量はカタログ値は27.5kgですが、実際に測ってみると30.2kgありました(個体差があるのかもしれません)。

AC200Pの重量はカタログ値は27.5kgですが、実際に測ってみると30.2kg

けっこう重くて、子供が持ち上げて運ぶには困難な重量です。(もちろん成人男性なら持ち運びできます)

AC200Pは子供が持ち上げて運ぶには困難な重量

スポンサーリンク

BLUETTI AC200Pが活躍する場面は?

BLUETTI AC200Pが活躍する場面

この大型ポータブル電源AC200Pって、具体的にどんなときに活躍してくれるのかしら?

今まで述べてきた特徴をふまえて、AC200Pが活躍する場面を挙げていきたいと思います。

活躍の場面(その1)災害時の非常用電源

「大容量で高出力」の特徴を持つ大型ポータブル電源AC200Pは、災害時の非常用電源として、大きな力を発揮してくれます。

災害時に”困ること”とは?

災害による停電が発生すると「困ること」を以下に挙げてみました。

  • スマホが充電できなくなる(連絡が取れなくなる)。
  • 冷蔵庫が使えなくなる(食料品が腐る)。
  • パソコンやテレビが使えなくなる(情報収集ができなくなる)。
  • IHクッキングヒーターや電子レンジなどの調理器具が使えず、調理ができない。
  • 照明が使えなくなる(夜、部屋の明かりが無い)。
  • 洗濯機、乾燥機が使えない。
  • 冬、石油ファンヒーターなどの暖房器具が稼働しない(ファンヒーターも稼働電源が必要)
  • 夏、扇風機やエアコンが稼働できなくなる。

このように、停電が発生すると、日常生活の中で深刻な困りごとが続出しますが、大型ポータブル電源AC200Pがあれば、ほとんど解決できます。

大容量で高出力なAC200Pは、洗濯機やアイコン、ドライヤー、テレビなどの家電製品にも対応できるため、台風や地震などによる停電時の備えとして最適です。

非常用電源として持っていれば、いざという時に安心だよね。

ガソリン発電機と比較してみる

災害時の発電機候補の1つとして、ガソリン式の発電機も候補の一つとして挙げられます。

しかし、ガソリン式発電機は、一般家庭の防災電源として個人的にあまりお勧めできません。

ガソリン式発電機の”欠点”

僕がガソリン式発電機が「一般家庭には向いていない」と考える理由を以下に挙げます。

  • 自宅でガソリンを保管しておくのはリスクがある。
  • いわゆるエンジンタイプなのでオイルを入れ替える必要があるなどメンテナンスも大変そう。
  • 排気ガスが出るので発電機本体は屋外で使わなければならない。(室内には延長コードで引き入れる)
  • 原付のようなエンジン音が常にしているため稼働音が気になる。

これらの理由から、ガソリン式発電機と比較すると、AC200Pのような大型ポータブル電源の方が扱いも簡単で安全なのでお勧めできます。

活躍の場面(その2)キャンプなどのアウトドア

大型ポータブル電源は、キャンプなどのアウトドアにも大活躍してくれます。

キャンプなどのアウトドア

今までキャンプをやってきて、使いたかった(けど無理だった)電化製品がたくさんありました。

ずっとキャンプで使ってみたかった電化製品

AC200P ずっとキャンプで使ってみたかった電化製品

こんな家電をキャンプで使ってみたかったんだよね。

  • ドライヤー(水遊びの後や、キャンプ場にお風呂がある場合も共用ドライヤーは取り合いになる)
  • ホットカーペット(冬キャンプで使いたい)
  • コタツ(冬キャンプでやってみたかった)
  • 電気毛布(家族分の電気毛布も長時間使える)
  • 扇風機(夏は常時回しておきたい)

makita扇風機

また、プロジェクターやドローン、ゴムボートやSUPなどの空気ポンプ、電気調理器具(電子レンジ、ホットプレート、低温調理器など)も使うことができます。

ポータブル電源でSUPを膨らませる

電源サイトを予約する必要はもうないね。

(注意)ワット数の出力制限がある電源サイトもある

キャンプ場の電源サイトにも使用できるワット数に制限があることがあります。(例えば「1000w以上は使えません」など)

ワット数の出力制限がある電源サイトもある

電源サイトで高出力の家電を使う予定であれば、「予約するキャンプ場の電源サイトに出力制限が無いか?」を、事前に確認することも大事です。

活躍の場面(その3)車中泊

BLUETTI AC200Pがあれば、車中泊での環境をグンと快適にすることができます。

大きな出力と容量をも持つAC200。これ1つを車内に置いておけば無敵なんじゃない?

大きな出力と容量をも持つAC200。これ1つを車内に置いておけば無敵

車中泊でオススメな使い方

以下に、車中泊でおすすめなAC200Pの使い方を挙げていきます。

  • IHクッキングヒーターなどの調理器具が余裕で動かせる(車内で火器を使いたく無い人も多い)
  • 電子レンジも使えちゃう(レトルトカレーとかレトルトご飯とか超便利)
  • 冬の車中泊は寒いので、ホットカーペットや電気毛布が使えるのは神。
  • コーヒーメーカー、炊飯器、電気ポット、冷蔵庫など余裕で使える。
  • キャンピングカーや大型バン、キャンピングトレーラーなどの収納スペースが大きな車には置きっぱなしで使うと楽。
  • キャンピングカーの場合、夏場にエンジンを止めてウインドエアコンが使えてしまう。

車内でガスを使った火器を使うのはちょっと心配だという人も、電気だと安心できるわね。

夏シーズンに車内に置きっぱなしにすると、高温の車内でポータブル電源が故障する可能性があるので気をつけましょう。

活躍の場面(その4)仕事現場

大容量かつ高出力なポータブル電源は、仕事の現場などでも実用的に使えそうです。

仕事の現場で使用する例

  • 屋外での電動工具
  • 夜間の投光器
  • 芝刈り機
  • 電動ノコギリ
  • 人工呼吸器

他にも使い道がたくさんありそうだね。

スポンサーリンク

BLUETTI AC200P「使って分かった5つの良い点」

実際に使ってみて感じた「AC200Pの良い点」を順番に挙げていきます。

BLUETTI AC200P「使って分かった5つの良い点」

(良い点1)どんな家電も出力を気にせずに使える

BLUETTI AC200Pがあれば、ほとんどの家電製品を容量や出力をいつでも気にすることなく使用できるという安心感があります。

AC200Pはどんな家電も出力を気にせずに使える

従来のポータブル電源では動かせなかった「高い出力が必要な家電」をガンガン使えるのは、AC200Pの最大のメリットといえます。

家電の種類を気にせずに使えるのがいいね。

(良い点2)使用中の動作音が静か

実際にAC200Pを使ってみて、本体の動作音がとても静かなので驚きました。

BLUETTI AC200Pは使用中の動作音が静か

ファンの音が常に稼働してるポータブル電源もあるからね。

BLUETTI AC200Pは、電源本体の温度を感知して、本体の温度を制御するためにファンが稼働します。つまり、本体の温度が上がらなければファンは回転しません。

具体的には、本体のファンは本体内部の温度が45℃を超えた時に(本体温度を下げるため)稼働します。

(出典:BLUETTI公式

実際に使用してみて分かったのですが、AC200Pは出力が大きいのに本体の温度はそこまで上がりません。これは動作が安定しているためと言い換えても良さそうです。

また、高出力な家電を稼働させて本体のファンが回っても、一般的な扇風機の”弱”くらいの音なので、そこまで気になりませんでした。

BLUETTI AC200P 本体のファン

ただし、充電時のACアダプターからのファン音はけっこう気になります。(※後述します)

(良い点3)好みな「デザインと質感」

シンプルな「デザインとカラーリング」

AC200Pのデザインはシンプルで、落ち着いたグレーを基調としたカラーリングです。

AC200Pのシンプルなデザインとカラーリング

シンプルなデザインと落ち着いたカラーのAC200Pは、どこに置いても周りに馴染んでくれます。

シンプルなデザインと落ち着いたカラーのAC200Pは、どこに置いても周りに馴染んでくれる。

シンプルデザインが好きな人にはおすすめだよ。

出力ポートが「1面にまとめられている」

AC200Pは出力ポートが1面にまとめられている

たくさんある出力ポートが1つの面にまとめられているデザインなので、本体を壁際などの隅っこに固定して置いておくことができます。

1つの面にまとめられているので、本体を壁際などの隅っこに固定して置いておける

設置スペースが邪魔にならないね。

持ち手が出っ張っていない

AC200Pは持ち手が出っ張っていない

“持ち手”が本体に収まっている(本体から飛び出していない)デザインなので、すっきりしていて収納時も持ち手がジャマになりません。

AC200Pはすっきりしていて収納時も持ち手がジャマにならない

全ての出力ポートに”防塵カバー”

出力ポートには、全てホコリが入らないように防塵カバーが付いています。

AC200Pの出力ポートには、全てホコリが入らないように防塵カバーが付いている。

DIYなどをする時(特にサンダーかけるときとか)チリやホコリが出力ポートに入らないよ。

(良い点4)充電時間が早い

家庭用コンセントから充電する場合は、専用の充電アダプターを使って、充電残量0からフル充電まで約4時間半で完了してしまいます。

BLUETTI AC200Pは充電時間が早い

バッテリ残量が半分くらいなら2~3時間で満充電できてしまいます。

なぜ充電時間が早いのか?

AC200Pの大容量バッテリーを4.5時間という短時間でフル充電できるのには、専用のACアダプターに理由があります。

AC200Pの大容量バッテリーを4.5時間という短時間でフル充電できるのには、専用のACアダプターに理由がある

その理由とは、AC200Pの専用充電器はかなり大きな電力(カタログ値500W)で充電できる設計になっているためです。(従来のACアダプターは100W〜200Wくらい)

BLUETTI AC200Pの専用充電器(アダプター)は通常よりもかなり大きな電力(カタログ値500W)で充電できる設計になっている

出力58.8Vで8Aなので、単純計算で(58.8v×8A=)470Wとなります。

充電時は、急速充電に耐えられるようにACアダプターの冷却用ファンが常に回ります。ファンの音は静かな部屋の中だと少し気になるレベルです(後述します)。

(良い点5)ソーラー充電・シガーソケット充電にも対応している

家庭用コンセント(AC100V)からの充電以外にも、ソーラーパネル車のシガーソケットからも充電が可能です。

BLUETTI AC200Pは車のシガーソケットからも充電できる

ソーラーパネルを使った場合、最大で700wでのソーラーパネル充電が可能です。

(出典:BLUETTI公式

最大700Wという数値は、すごい速さで充電ができることを表しているのですが、最低電圧が35V必要なので注意が必要です。(後述します)

家庭用コンセントとソーラーパネルを併用して充電可能

ACアダプタとソーラーパネルを併用すると、最大1200Wの高速充電が可能で最短で2時間ほどでフル充電が可能です。

 

スポンサーリンク

購入前に知っておきたい「9つの注意点」

次にAC200Pを検討されている方向けに、購入する前に知っておきたい「注意点」を全部で9つ挙げていきたいと思います。

BLUETTI AC200Pの購入前に知っておきたい「9つの注意点」

高価な買い物だから注意すべきポイントも把握しておきたいよね

(注意点1)けっこう重い

容量の大きなAC200Pは、重量が30kg近くあります。(カタログ値は27.5kgだけど測ったみたら30.2kgありました)

容量の大きなAC200Pは、重量が30kg近くあります

バッテリー容量と重さは比例する

バッテリーの容量と重さは比例します。つまり、バッテリー容量が多いほどそのぶん重くなります。

ポータブル電源のバッテリー容量と重さは比例する

安全性の高いリン酸鉄リチウム電池は、他のリチウム電池と比べるとエネルギー密度が低いため、比較して重くなります。

約30kgといえば、10kgのお米3袋分です。

ポータブル電源の約30kgといえば、10kgのお米3袋分

持てないわけじゃないけど、気合が必要なレベルだね。

僕は以前ぎっくり腰をやってしまったことがあるので、持ち上げるときは気をつけています。(低い場所から持ち上げる時が一番腰に負担がかかるので注意)

ポータブル電源の持ち上げ方

女性や子どもが持ち運ぶのは、ちょっと厳しそうです。(持ち上げられるけど運ぶのは危なっかしい)

子供がポータブル電源を持ち運べるか?

持ち手がしっかりしているので、成人男性なら両手で持って移動できますが、30kgの重量(米袋3つ分)があることは理解して購入しましょう。

(出典:BLUETTI公式

距離のある移動は、台車やカートを使っての持ち運びが必須です。

ポータブル電源、距離のある移動は、台車やカートを使っての持ち運びが必須

大きさ、重さ、電力のバランスを考えての購入を!

 

スポンサーリンク
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
このブログを書いてる人
キタガガ

キャンプが好きでブログ「キャンプ200gください」を書いています。

「キャンプ200gください」の更新をフォローする
キャンプ道具
スポンサーリンク
「キャンプ200gください」の更新をフォローする
キャンプ200gください