ささゆりの湯キャンプ場【本当にリピートしたいキャンプ場】(岐阜県恵那市くしはら温泉)

ウトガルド

岐阜県恵那市にある「ささゆりの湯キャンプ場」は、私が家族キャンプで何度もリピートしているキャンプ場です。今回は「ささゆりの湯キャンプ場」を詳しくご紹介します!

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告




ささゆりの湯キャンプ場が素晴らしい 3つのポイント!

【ポイント1】 何泊しても、たったの1000円!

このキャンプ場を利用するのに必要なお金は、車一台につき1000円のみ!!!

Image

ソロだろうと、家族だろうと、デイキャンプだろうと、2週間連続で泊まろうと、驚きの一律1000円を受付で支払うのみなんです!

そして、予約は必要ありません。つまり早い者勝ちです。(これはこのキャンプ場の良い面でもあり、悪い面でもあるのですが、そのことについては後述します)

【ポイント2】 フリーサイトなので広々!

IMG 8030

キャンプサイトは全てフリーサイトになっており、区画割りされていません。区画がないので、広々とテントとタープが張れます!

HUCF1146

地面は水はけもよく、ペグも入りやすいです。

【ポイント3】 温泉がすぐ目の前!

くしはら温泉ささゆりの湯

ささゆりの湯キャンプ場は、温泉施設(くしはら温泉)が目の前にあります。

キャンプサイトから歩いて 「くしはら温泉ささゆりの湯」 まで徒歩約3分(サイトの場所によっては5分くらい)で到着します。

IMG 6185

上の写真は、キャンプ場から見上げた「くしはら温泉」。温泉施設は高台の上にあります。キャンプサイトからは、階段を上って行きます。

温泉施設の営業時間は、10時から21時まで(20時受付終了)。テントを張って、夕食を済ませてから温泉にゆっくり入ることも可能です。

いちいち車を運転して近くの温泉施設に行かなくても良いので、キャンパーにとっては大変助かりますよね。(^ ^)

【2017.11追記】
くしはら温泉ささゆりの湯は2017.10.30〜2018.4.12までリニューアル工事のため休館しています。リニューアルオープンは2018年4月13日(金)
(他の施設は通常通り使用できます)

人気だから土日はとても混みます!

混み合う

今まで述べてきたように、ささゆりの湯は素晴らしいキャンプ場なので、当然人気があります。土日はとても混雑します。(^^;

予約ができないので、場所取りは早い者勝ちです。良い場所から埋まっていきます。だいたい土曜日は午前10時くらいには混み合ってきて、お昼過ぎにはほぼ埋まってしまうことが多いです。

土日の混雑問題の解決方法は?

ささゆりの湯キャンプ場は、平日は空いています(当たり前ですが)。そして、このキャンプ場は 「夜にゲートが閉まって入れない」、なんてことはありません。

つまり、金曜日に 子供の学校から帰ってきて、皆さんの仕事が終わってから、キャンプ場に行って設営をしましょう! さすがに空いているので、お気に入りの場所に設営ができます。(僕のオススメは、芝生サイトの角地です)

「夜にテントを設営するの大丈夫?」と、心配に思われるかもしれませんが、22時まではキャンプ場内に外灯照明がたくさん点灯していて、思ったよりも明るいです。

SXGJ7133

(22時前までの夜のキャンプ場の様子)

ヘッドライトなどの手元を照らすライトさえあれば、設営できるレベルです。

次の日の朝は、マレットハウスで受付を忘れないようにしましょう。

かなり夜遅くなるようなら、就寝されているキャンパーさんの迷惑になるので控えましょう。外灯照明が消える22時までに設営が終えるようにしましょう。また、早朝も同じ理由で6時以降の設営を心がけましょう!(^ ^)

キャンプ場での注意事項

ゴミは持ち帰りです。

ゴミ捨て場所がありません。全てのゴミは持ち帰りましょう。(消し炭も持ち帰りです)

カーナビの誘導に注意!

IMG 7708 1

キャンプ場近くの道では、カーナビによっては狭い道のルートを導く場合も多いので、ささゆりの湯の看板や、のぼり旗(ピンクで目立つ)が途中の道で出ているので、それに沿って行った方が安心です。

ささゆりの湯キャンプ場 施設の紹介

マレットハウス(受付場所)

マレットハウス

ささゆりの湯キャンプ場の入り口にある施設が「マレットハウス」です。ここの中でキャンプをしたい旨を伝えて、記入表に記載して、1000円を支払って、受付票をもらいます。

IMG 6234

受付票は、外から見えるように車内に置いておきます。

中には売店があり、地元の野菜やソーセージ、ジュースや缶ビール、薪などが売ってます。営業時間は8:00〜17:00までなので、食材や飲み物を購入するときは早めに行きましょう。

夕方5時以降に来場する場合は、翌朝(8時から)受付をします。

キャンプサイト全体図

キャンプサイトの全体図です。写真の左側が東、右側が西です。

IJXU5733

ちょっと見づらいので、拡大します。

東側(手前が北、奥が南)の拡大図。

AOCY3382

手前が砂地サイトで、奥が芝生サイトです。左手から朝日が昇ります。

西側(奥が南側)。

HUCF1146

右手に日が沈みます。夕焼けが綺麗です。

洗い場

洗い場

トイレの隣に簡易の洗い場があります。蛇口とシンクがそれぞれ5つ。お湯は出ません。洗い場の水は飲料水としても料理にも使えます。

トイレ

IMG 8063

比較的きれいなトイレです。女性も子供も安心して使えます。残念ながら様式のウォシュレット付きは1つのみ。でも、あるだけでもうれしいです(^ ^)

またマレットハウス(受付場所)の営業時間内は施設内のきれいなトイレが使えます。

くしはら温泉 ささゆりの湯

IMG 8059 1

・大人600円 小人(4歳~小学生)400円

・水曜日 定休日

・営業時間 10:00~21:00 (20:00受付終了)

露天風呂からの景色は最高です!

IMG 8058

温泉施設の中にはレストランがあり、食事もできます。

IMG 8045

ここで食事を済ませてもいいですね!

IMG 8049

カレーライス(650円)ソースカツ丼(850円)どれもアツアツで美味しかったです。

マレットゴルフ場

マレットゴルフ場

マレットゴルフとは、ルールはゴルフと同じです。ゴルフとの違いは、ボールが大きめで、大きめな木槌のようなスティックを使います。だから小さなお子さんでも楽しめます。(^ ^)

初心者コースの18ホールと、上級者コースの18ホール。計36ホール(!)がキャンプ場の隣にあります。

IMG 8175

(上級コースは起伏が激しいです)

大人300円 子供200円 大人のみレンタル料100円(子供はレンタル料無料)。1日の間に何回やってもこの値段です。

ささゆりの湯キャンプ場 独自採点表

IMG 8140

・ コストパフォーマンス度 ★★★★★ (車一台につき1000円のみ!)

・ スタッフのフレンドリー度 ★★★★☆ (みんないい人!)

・ 清潔度 ★★★★☆
(とても綺麗なキャンプ場なので、みんなできれいにして帰りましょう)

・ 温泉の近さ ★★★★★ (歩いて3分)

・ 子供が遊べる度 ★★★★☆
(マレットゴルフや目の前のアスファルトでキックボードやブレイブボードなどができる)

・ トイレのウォシュレット率 ★☆☆☆☆
(ウォシュレット付きの洋式便座が一つのみ)

・ 売店での缶ビールの安さ ★★☆☆☆ (350mlが300円)

・ 真夏日の快適さ度 ★★☆☆☆ (標高464mなので真夏は暑いです)

総合評価

家族でおすすめ度 ★★★★★

車で行ける範囲内の方で、まだささゆりの湯キャンプ場に行ったことのない人はぜひ行って欲しい!!くらいオススメです。(^ ^)

まとめ

IJXU5733

ささゆりの湯キャンプ場のメリットは、なんといっても1000円しかかからないので、気軽にキャンプ場を使用できることですね。

「土日はささゆりの湯にキャンプに行こうかなー」って計画しておいて、雨だったら行かない。と、いうような ゆるいキャンプ計画にも使えます。(予約がいらないので、キャンセル料がかからないため)

週末は、初心者キャンパーから、おしゃれキャンパー、ソロキャンパー、バイクツーリング、キャンピングカー、いろいろな方がキャンプ場にみえるので、見ているだけで楽しいですし、勉強になります。また、いろんなキャンパーさんとお話しすると楽しいですよ!

岐阜県恵那市のキャンプ場に行ける範囲の方は、ささゆりの湯キャンプ場を、自信を持って強くお勧めします!(^ ^)

キャンプ場情報

VWCO1057

ささゆりの湯キャンプ場

住所:〒509-7831 岐阜県 恵那市 串原3135-2

電話番号:0573-52-2960(受付 マレットハウス 8:00〜17:00)

URL http://sasayurinoyu.jp/publics/index/23/
フェイスブック https://www.facebook.com/sasayurinoyu/

定休日:水曜日(受付と温泉が休みなだけで、設営は可能)

本当にリピートしたいキャンプ場 関連記事

キャンプ場を予約する場合、電話で「予約したい日程だけ」伝えて終わっていませんか?^^ 予約の電話をする時に、ちょっとした質問を加えて確認しておくだけでキャンプ場での過ごし方が快適になる僕が実践している8つの方法をお伝えします。
「椛の湖(はなのこ)オートキャンプ場 は、なぜもう一度行きたくなるのか?」 わが家で毎年リピートしている 岐阜県中津川市に立地...
家族キャンプで くのわき親水公園キャンプ場(静岡県川根本町)によく行きます。 このキャンプ場には、またリピートしたくなる素晴ら...