くのわき親水公園キャンプ場【7つの良い点と4つの注意点】(静岡県)

くのわき親水公園キャンプ場

家族キャンプで くのわき親水公園キャンプ場(静岡県川根本町)によく行きます。

このキャンプ場には、またリピートしたくなる素晴らしいポイントがてんこ盛りなんです!

今回は「くのわき親水公園キャンプ場」に関する4つのこと

  1. 素晴らしい7つのポイント
  2. 注意するべき4つのポイント
  3. 予約時の攻略方法
  4. SLが見えるおすすめ絶景場所

を中心に、詳しくお伝えしたいと思います!

恥ずかしながら、しばらくの間「くのわき(久野脇)キャンプ場」を、「くわのき(桑の木)キャンプ場」だと勝手に勘違いしていました(笑)すみません (^^;
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告




くのわき親水公園キャンプ場が素晴らしい7つのポイント

ウトガルド

まずは、くのわきキャンプ場の7つの素晴らしいポイントをご紹介します。

【1】フリーサイトが色々と素晴らしすぎる

フリーサイトなのにみんな平等に使える

くのわき親水公園キャンプ場

通常、フリーサイトというと 場所取りが早い者勝ちなイメージがつきまといますが、くのわきキャンプ場ではフリーサイトの予約ができます。

しかも広大なフリーサイトがそれぞれ細かく分割(A〜S)されていて(上の図面参照)、その分割されたフリーサイトごとにグループ数の上限があるのです。(例えば、フリーサイトFは4組までとか)

くのわきキャンプ場

このグループ制限によって、少し遅れてフリーサイトに到着しても、安心してサイトが広々と使えます。また、フリーサイトには車で乗り入れることができるので設営も楽です。

芝生が綺麗で、水はけも良い

くのわきキャンプ場のフリーサイトは、手入れが行き届いているせいか、芝生がとても綺麗です。また、ところどころに木が植えてあり、その木陰が気持ち良いです。

くのわき親水公園キャンプ場

また、雨天の時も水はけが良く、地面がぐちゃぐちゃになりません。

ペグの入り具合はちょっと固めかな?っていうくらいです。念のために丈夫なペグを持っていくと良いでしょう。

【2】大井川鉄道のSLをキャンプ場から見ることができる

トーマスSL

 キャンプ場から、川の対岸を走る大井川鉄道のSLを見ることができます。
(これについては後述します)

トーマス列車を見たい場合は、走る時期が年間で決まっているので大井川鉄道のホームページなどで確認しておきましょう。

【3】吊り橋がスゴイ

 キャンプ場から歩いてすぐのところに、大井川にかかる全長220メートルの吊り橋がかかっています。この吊り橋は自由に行き来できます。スリル満点な上に、ここから見る景色は絶景です。

【4】スタッフのおばちゃんがフレンドリー

くのわきキャンプ場のスタッフのおばちゃんたちは、みんなフレンドリーです(^ ^) 予約の時の電話での応対や、キャンプ場でお話をすると、杓子定規でないフランクな対応にホッとします (^ ^)

【5】アーリー、レイトが実質無料!(3連休を除く)

くのわきキャンプ場には、アーリーチェックインやレイトチェックアウトの設定はありません

その時の混み具合に応じてアーリーやレイトを受け入れてくれます。つまり(土日祝などの)3連休などでない限りは、アーリーやレイトが無料(!)で利用できることが多いんです! その都度、スタッフのおばちゃんに聞いてみましょう。

【6】予約キャンセルに寛容

家族キャンプの場合、お子さんの急な発熱などの突発的な事情により、やむをえず予約したキャンプ場をキャンセルする、ということは残念ですがよくある話ですよね。(ウチもけっこうあります)

くのわきキャンプ場は、キャンセルは3日前までに電話すれば、キャンセル料はかかりません。

(状況によっては当日キャンセルしてもキャンセル料がかからない場合もあります。電話予約時に確認してみてください。)

【7】次回使える1000円割引チケットがもらえる

チェックインの時に、次回使える1000円割引優待券がもらえます(^ ^) 有効期限が記載してありますが、いつでも使えるそうです(笑)

注意するべき4つのポイント

続いて、ちょっとだけ注意した方がいい4つのポイントをお話しします。

【注意点1】最後に渡る橋は、車幅2.0m規制

県道63号を北上していくと、キャンプ場の手前に大井川を渡る橋があります。

この橋はダムの上にあるため道幅が狭く、車の車幅が2メートル規制となっています。大きな車に乗っている人は自分の車の車幅を確認しておきましょう。

僕の場合(車幅188cm)この橋を初めて渡る時は、相当ビビりながら渡りました(笑)。しかし、2メール以内の車幅の車であれば、ゆっくり走れば全く問題ありません。ただし、渡る前に対向車をしっかり確認しましょう。

【注意点2】国道ではなくて県道で行こう

新東名の島田金谷インターから下りて、くのわきキャンプ場行く場合、最初は国道(473号)を少し走ってから、川根交番西という交差点で右折して、県道63号からキャンプ場に行きましょう。

県道に入らずにそのまま国道を北上していくと、だんだんと道が狭くてグネグネしてくるので、運転にけっこう苦労します。

ナビ設定で途中の経由地を、キャンプ場の近くにある県道沿いの「道の駅 川根温泉」に設定しておくと、ナビが県道の方に案内してくれるので簡単で安心です (^ ^)

【注意点3】区画サイトはやや狭め

くのわき親水公園キャンプ場区画サイト

くのわきの区画サイトは、サイトの広さがちょっと狭い感じがします。小さめのテントとタープがギリギリ張れるくらいな感じ。

くのわきキャンプ場 区画サイト

また、区画サイトがキャンプ場の南東側(図面参照)に位置しているので、場所によっては、炊事場やトイレが遠くなってしまいます。

フリーサイトと比べて、区画サイトは、オススメ度が低いです。

【注意点4】吊り橋は、高い所が苦手の人にはきついかも。。

キャンプ場の隣を流れる大井川にかかっている全長220mのスリル抜群の吊り橋。妻と娘はスキップしながら吊り橋を渡っていましたが(笑)、僕と息子は恐る恐る手すりにしがみついて渡りました。

普段からスリルのあるアトラクションが大好きな方にとっては素晴らしいポイントになるのですが、高いところが苦手な方は見るだけにしてスルーしておきましょう(笑) 僕ははっきり言って苦手です。。(^^;

くのわきキャンプ場 攻略ポイント

くのわき親水公園キャンプ場

くのわき親水公園キャンプ場は人気のキャンプ場なので、ゴールデンウィーク、夏休み、シルバーウィークなどの連休は予約ですぐに埋まってしまいます (^^;

そこで、くのわきキャンプ場の攻略ポイントをご紹介します!

【攻略ポイント1】予約方法と予約のタイミング

予約方法は電話のみです。

キャンプ場の予約時期は、年始の正月休み明けから その年の全部の日程(1月4日〜12月31日)を予約できます(!)

キャンプの日程が決まっているのなら、早めの電話予約がポイントです。

ゴールデンウィークの予約は、1月中に半分以上埋まってしまうそうです。(スタッフさん談)

【攻略ポイント2】まずはフリーサイト狙おう

くのわきの素晴らしいポイントでもお伝えした通り、ここのキャンプ場はフリーサイトが最高なので、予約時にフリーサイトを予約しましょう。

くのわきキャンプ場

上の画像にある キャンプ場の平面図の上側(北側)にある、炊事場やトイレに近い S、A、B、D、F、(上の画像 赤い丸の場所)などが個人的におすすめです。

電話予約の際、希望のサイトを伝えることができるので、アルファベットで希望の場所を伝えましょう。

その他の情報

くのわきキャンプ場のお風呂事情

くのわき親水公園キャンプ場シャワー

キャンプ場内にはシャワー室しかありません。車で15分くらいのところに温泉施設(道の駅 川根温泉)があります。

道の駅 川根温泉

川根温泉

道の駅「川根温泉ふれあいの泉」は、お風呂も広くて施設も綺麗です。キャンプ場にはシャワー室しかないため、お風呂に入りたい場合はここを利用しましょう。後述しますが、ここの露天風呂からは鉄橋を渡るSLを見ることができます!

キャンプ場の近くで買い物は?

国道から県道に入ってキャンプ場が近くなってきてからも、コンビニやドラッグストアがキャンプ場の近くにあるので安心です。

チェックイン後、買い物に行く場合は、もう一度ダムの上の狭い橋を渡らなければならないので、面倒な人は、事前に買い物を済ませてからチェックインしましょう。

コンビニには売っていないもの(肉、魚など)の買い物は、交差点「川根交番」の近くに、地元のスーパー「河徳商店」があります。

河徳商店

昭和の香り漂う味のあるスーパーですが、肉、魚、お酒、お菓子など一通り揃うので、僕は気に入って使っています (^ ^) コンビニで揃えることが難しい食材はここで買いましょう。

ゴミ捨てのルール

燃えるゴミ、缶、ビン類はごみ捨て場に捨てることができます。
ペットボトル、ダンボールは持ち帰りになるので、注意しましょう。

大井川鉄道のSLを見るポイント

トーマス列車

くのわきキャンプ場でSLを見ることのできるおすすめのビューポイントが3つ(+1つ)あります。

まずはその日にSLが通過する時間を、キャンプ場のスタッフさんに教えてもらいましょう。(受付に時刻表が貼ってあります)

【1】キャンプ場からSLを見る

くのわきキャンプ場から見るSL

キャンプ場にいながらにして、対岸を走る大井川鉄道のSLを見ることができます。キャンプ場の南東側から汽笛が鳴ったらその方向を見ましょう! 見えるSLはちょっと小さめですが、肉眼ではっきりと見ることができます。

【2】吊り橋からSLを見る

キャンプ場からすぐの吊り橋は、真下に大井川鉄道が通っています。なので、吊り橋の上で待機できれば、SLを絶好のポイントで見ることができます。

ただし吊り橋は同時に10名しか渡ることができないので、周りに注意ながらSLの通過時間を確認してから待ちましょう。

【3】塩郷駅のホームからSLを見る

トーマスSL

吊り橋を渡ってからすぐ目の前に大井川鉄道 塩郷駅があります。塩郷駅はホームの中まで自由に出入りができるので、SLが通過するところをホームから間近で見ることができます。

塩郷駅

ちなみに塩郷駅にはSLは停車しませんので、駅からSLに乗ることはできません。

【番外ですがオススメ】道の駅 川根温泉からSLを見る

大井川鉄道

キャンプ場から車で(15分くらい)道の駅 川根温泉へ行けます。

道の駅の温泉施設の露天風呂からSLを眺めることもできますし、2階の休憩所のベランダ(穴場です)からもSLを見ることができます。

キャンプ場をチェックアウトした後に、道の駅でゆっくり温泉に浸かりキャンプの疲れを洗い流した後で、2階の休憩所のベランダに行き、家族で鉄橋を通過するSLをゆっくり眺めるのがオススメです。

SLが通過する時刻には道の駅の駐車場が激混みになるので、時間に余裕を持って行きましょう。

くのわき親水公園キャンプ場の独自採点表

・青い芝生の気持ちよさ度 ★★★★★

・SLを家族みんなで眺めて感慨深い度 ★★★★★

・ダムの上にある狭い橋がヒヤヒヤ度 ★★★★☆

・スタッフのおばちゃんのフレンドリー度 ★★★★☆

・トイレのウォシュレット率 ★★★☆☆ (各トイレに1つずつ)

・キャンプ場周辺の買い物便利度 ★★★★☆ (近くにコンビニあり)

・吊り橋のリアルなアトラクション度 ★★★★★

総合評価

家族キャンプ オススメ度 ★★★★★

家族キャンプで行くなら文句なしにおすすめです(^ ^) グループで行くキャンプもいいですね!

まとめ

ノルディスク ウトガルド

綺麗に整った芝生のキャンプ場にいながらにして、対岸を走るSLを見を見ることができるキャンプ場は他には無い特別感があります。

また、吊り橋をドキドキしながら家族みんなで渡るのもいいですね。

時間を気にせずゆっくり滞在できるくのわき親水公園キャンプ場で、素晴らしい思い出を作ってくださいね(^ ^)

くのわき親水公園キャンプ場 情報 まとめ

くのわき親水公園キャンプ場

・住所:静岡県榛原郡川根本町久野脇280

・電話:0547-56-1781

・チェックイン:12時
・チェックアウト:11時

・年中無休

・予約開始日 年始(だいたい1月4日)から開始。その年の予約ができる。

・キャンセル料 予約日の3日前までならキャンセル無料

・ペット 禁止

・標高 200m

本当にリピートしたいキャンプ場 関連記事

キャンプ場を予約する場合、電話で「予約したい日程だけ」伝えて終わっていませんか?^^ 予約の電話をする時に、ちょっとした質問を加えて確認しておくだけでキャンプ場での過ごし方が快適になる僕が実践している8つの方法をお伝えします。
岐阜県恵那市くしはら温泉にある「ささゆりの湯キャンプ場(ささゆりの里)」の良い点と注意点、連休の攻略ポイントや、キャンプ場内の施設について詳しく解説しています。2018年4月からの料金価格改定についてもフォローしています。
岐阜県中津川市にある人気キャンプ場「椛の湖(はなのこ)オートキャンプ場」の6つの良い点と、気をつけたい4つ注意点、テントサイト(湖側・山側)の特徴や施設、予約方法やキャンセル料金などについて詳しくレポートしています。



スポンサーリンク
レクタングル(大)広告




レクタングル(大)広告




フォローする