【北海道キャンプ旅行】愛知県からジープで3300km!10泊11日の旅 まとめ

ジープラングラーアンリミテッド

愛知県からずっと行きたかった北海道へキャンプ旅行へ!
ジープラングラーアンリミテッドに3300キロ乗って、北海道にキャンプ旅行に10泊11日で行ってきました(^-^)

今回のブログでは、愛知県から北海道に行ってきた「10泊11日の北海道キャンプ旅行の全行程」を早送りでお送りします!

<関連記事↓>

キャンプを始めてから、ずっとずっと行きたかった北海道。 ついに家族4人で愛知県からジープラングラーを運転して北海道へ!走行距離33...
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告




【1日目】自宅(愛知県)→仙台

計画では朝5時に出発の予定でしたが、今まで経験したことのない長期旅行に緊張してか(笑)、家族全員がなかなか眠れず、、「眠れないまま家で待機していてもなぁ」と考えて思い切って朝3時に出発(^^;

新東名の岡崎東ICから高速道路に乗って、途中のサービスエリアで朝ごはんを食べつつ、僕と妻とで運転を交代しながら、今日の最終地点である仙台宮城ICをゆっくりと目指します。

【1日目のルート】 岡崎東ICー(新東名)ー御殿場JCTー(東名)ー海老名JCTー(圏央道)ー久喜白岡JCTー(東北自動車道)ー仙台宮城IC

午後1時過ぎ。10時間700km運転して、やっと仙台に到着。

北海道に到着するまでの2日間は、長時間の運転でキャンプ場でのテント設営は体力的にきついので、ホテル泊にしました。

まだホテルのチェックインまでに時間があるので、少し足を伸ばして(車で40分くらい)日本三景の一つである松島を観光しました。

松島

16時。日本三景の一つを堪能した後、仙台市に戻ってホテル(ホテルモントレ仙台)にチェックイン。
ホテルモントレ仙台

ホテルがJR仙台駅に近かったので、駅の地下街で食料を買ってホテルの部屋で簡単に夕食を済ませました。

10時間を超える車の運転で疲れ果て、家族全員21時前に爆睡。。

【2日目】仙台→青森→函館

2日目のルートは、仙台から函館まで。
青森と函館の間の津軽海峡をフェリーで横断するため、まずは青森港のフェリーターミナルに向けて出発。

青森でのフェリーに乗り遅れたら大変なので、余裕を持って朝6時に仙台のホテルをチェックアウト。東北自動車道を通って青森のフェリー乗り場を目指します。

北海道旅行を計画するまで、本州から北海道までは車で青函トンネルを通って行けるとばかり思っていましたが、青函トンネルを通ることができるのは鉄道だけなんですね(^^;

仙台から5時間半(360km)運転して、青森に11時半到着。

函館までのフェリーに乗るチェックイン時間(出発時間14時20分の70分前)まで時間があるので、青森で有名な「のっけ丼」を食べに青森魚菜センターへ。(青森港から車で15分くらい)
青森魚菜センター

白ご飯に自分の好きな魚介類をのっけていただきます。(だから「のっけ」丼^^)
のっけ丼

お腹いっぱいになった後、13時半ごろ津軽海峡フェリー青森ターミナルでチェックイン。

14時20分発の津軽海峡フェリーで青森から函館へ。
津軽海峡フェリー

フェリーへはジープに乗ったまま船の中に入ります。
津軽海峡フェリー

その後、車を降りて船内のラウンジへ。3時間40分かけて函館港へ向かいます。
津軽海峡フェリー
天候が良かったからか、船が大きいからか、波も静かでそこまで船が揺れることなく3時間40分の船旅は快適でした。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告




レクタングル(大)広告




フォローする