ジープラングラーを買うと結局全部でいくらになるのか?

ジープラングラーアンリミテッド

【2018.1.19追記】
この記事は2017年9月に書かれたブログですが、2018年2月1日よりジープラングラーアンリミテッドの価格が改定(値上げ)されました。よって価格改定(値上げされた)価格を追記で記載いたします。(値上げの理由は「材料費の高騰によるもの」だそうです)

僕がジープラングラーアンリミテッドを購入したときに、「結局全部で値段はいくらかかったのか?」という疑問についてまとめたものです。

以下の4つのポイントに分けて詳しくレポートしたいと思います。

  1. 購入時に必ずかかる費用
  2. いるかいらないか自分で判断する費用
  3. オプションや付属品について
  4. 値引き交渉はできるのか?

また、ジープラングラーに実際に乗ってみての良い点、悪い点について詳細は、以下の関連記事を御覧ください(^^)

ジープラングラーアンリミテッドに2年間乗ってみて、実感した「ジープラングラーの良い点、悪い点」をまとめてみました。(良い点5つ・悪い点5つ)ジープラングラーのスペックや、種類の違い(スポーツとサハラの違い)なども解説しています。
ブログ記載の価格などは、購入時期やディーラー各社によって違いがあるかもしれません。ご了承くださいませ^^
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告




僕が購入したジープラングラーの車種

ジープラングラー

ジープラングラーは、いろいろな種類があります。まずは僕が購入したラングラーの車種をご紹介します。

  • ジープラングラーアンリミテッド サハラ
  • JEEP Wrangler Unlimited Sahara
  • 型式 ABA-JK36L

ジープラングラー購入時に必ずかかる費用

まずはジープラングラーアンリミテッドを購入する時に、必ず必要な費用から説明していきます^^ (価格表示は全て当時のもので、税込です)

車輌本体価格 4,276,800円 4,450,000円 (※)

(※)2018.2.1〜価格改定

まずは車両本体の価格です。

ジープは、ラングラーアンリミテッド(4ドアタイプ)とラングラー(2ドアタイプ)に分かれます。そして、アンリミテッドはさらに以下の3種類の値段に分かれます。

【2018.1.19追記】
2018.2.1〜ラングラーアンリミテッドの価格改定(値上げ)が行われました。よって下記価格表を変更してあります。
 価格改定前  価格改定後(2018.2.1〜)
スポーツ  3,963,600円  4,120,000円
サハラ  4,276,800円  4,450,000円
サハラ(レザーシート)  4,438,800円    4,612,000円

僕が購入したのは、サハラ(レザーシート無し)です。(レザーシートは夏に暑そうだったので(^^;)

スポーツとサハラの違い

スポーツとサハラの違いは色々ありますが、主な違いは天井のルーフ部分と、フェンダー部分(タイヤの泥よけ)が、ボディの色と一緒の色だと「サハラ」。違う色だと「スポーツ」です。

ジープラングラー スポーツ

上記写真のジープラングラーは、ルーフとフェンダーの色がボディと違うタイプ(スポーツ)です。

<関連記事↓>

ジープラングラーアンリミテッド(4ドアJKモデル)は「サハラ」と「スポーツ」の2つの種類(グレード)があります。今回は「サハラとスポーツの7つの違い」について詳しく解説していきます。

法定費用 合計296,100円

法定費用とは、車を購入する時に絶対にかかる国や地方自治体などに支払う費用のことです。

法定費用の内訳

ジープラングラーの購入に必要な法定費用の内訳は以下の通りです。

自動車税 (※)66,500円
取得税 106,900円
重量税 61,500円
自賠責保険 40,040円
リサイクル料 15,220円
登録届出費 3,240円
書庫証明費 2,700円
合計  296,100円

(※)内訳の自動車税は年税額です。初年度は車を購入した時期によって税額が変わります。

ジープ本体価格+法定費用=4,746,100円

手続代行費用 合計86,240円

役所などに提出する書類手続を、ディーラーに代行してやってもらうための手数料です。

手続き代行費用 内訳

登録届出費用 48,600円
車庫証明費用 18,200円
納車準備費用 19,440円
合計  86,240円
ジープ本体価格+法定費用+手続代行費用=4,832,340円

手続き代行費用は頑張れば自分でできるかもしれませんね〜^^

自分で選択するオプションは?

ここからは、ジープを購入する時に、必要か必要でないかを自分で判断するオプション部分です。僕が選択したオプションを以下に挙げていきます。

メンテナンスパック 78,840円


メンテナンスパックとは、ジープを新車購入から3年間の間、定期点検やオイル交換などのメンテナンスが受けられるサービスのことです。

ボディガラスコーティング 75,600円

納車前にジープのボディ全体にガラスコーティングをしてもらいました。このコーティングは、ガラス独特の透明感のあるツヤが出る5年間持続するとのこと(1年に1回メンテナンス必要)。

ガラスコーティング

洗車の時もツルツル滑って洗いやすく、汚れにくくなるので洗車回数も少なくて助かっています。年に1度のメンテナンス費用は4000円です。

僕が選んだ付属品(アクセサリー類)合計 237,924円

ジープ車両本体の購入時に含まれない付属品もいろいろあります。僕がジープ購入の時に選んだ付属品を以下に挙げていきます。

ラバーマット 21,492円

ジープ ラバーマット

僕はキャンプによく行くので、簡単に水で洗い流せるラバーマットにしました。すぐにこうなっちゃうので(^^;;

ジープ ラバーマット

アウトドアなどにあまりジープを使わない方は、フカフカなカーペットのような「フロアマットプレミア」というマットを選ぶ人が多いそうです。(価格38,880円)

フロアマットプレミア

カーナビ取り付け費用 43,200円

ジープ カーナビ

ジープにはカーナビがセットで付いているわけではありません。別途、購入が必要です。

僕がジープを購入した時は、カーナビプレゼントキャンペーンをしていたので、カーナビ本体は無料でした。なので取り付け費用のみかかりました。

今はスマホのカーナビ使ってます(^^;

PLAYCar Mount

「カーナビはスマホを使えば、いらないじゃないか!」という議論はあると思いますが、僕の場合は「バックカメラ」が必要(キャンプ道具を積みすぎると、後ろが見えないんですw)だったので、カーナビ付けてよかったかなーと思っています。

バックカメラ 46,872円

カーナビの画面からバックの時に後ろが見えるカメラ。

バックカメラ

リアラゲッジスペースに荷物を積み過ぎて後ろが見えにくい場合、駐車する時はバックカメラをとても重宝しています^^

ナビ連動ETC 34,560円

ETC車載

カーナビに連動するETCです。高速道路料金のETC割引などがあるので、必須ですね^^ セットアップ料金に3240円かかりました。

グラブハンドル(アシストグリップ) 12,960円

アシストグリップ

ジープには、通常の車に付いているアシストグリップがありません。「子供たちの車の乗り降りに便利かな〜」と思って、運転席、助手席、後部座席に合計4つそれぞれ付けました。(結局あんまり使ってませんが。。。)

その他のオプション

僕は購入しませんでしたが、その他にもこんなオプションがあります。

アクセル延長キット 18,103円

ジープラングラーは元々左座席ある運転席を、日本仕様(左側通行用)にするために右座席に移しています。よって、右左の座席の足元の形が微妙に違うためアクセルに足が若干届きにくいらしいのです。(僕はあまり気になりませんでした)

女性や身長が低い方はこのアクセル延長キットをつける方もいらっしゃるそうです。

希望ナンバー 10,800円

車のナンバープレートの数字をお好きな番号に変更するサービスの手数料。(例えば88-88とか12-34とか)

ジープのルーフキャリアの設置について


ジープのキャリアについては、僕は後付けしました。インターネットで注文して、ディーラーさんに取り付けてもらいました。

詳しくは、こちらの関連記事をご覧ください^^

JEEP(ジープ ラングラー アンリミテッド)に、ルーフキャリアSmittybilt ディフェンダーラックを設置しました。キャリアを付けたことで、積載量もガツンと増えたので、キャンプなどのアウトドアで大活躍しています (^ ^)

値引き交渉はできるのか?

結論から言うと、(少しだけ)値引き交渉はできました^^ 皆さんも遠慮せず価格交渉してみましょう! 「決算月の購入だと、より値引きができやすい」と聞いたこともあります。

国産車購入と比べて違うなと感じた2つのポイント

納車が早い

僕の場合、ジープラングラーは注文してからわずか18日で納車されてきました。ディーラーの担当者いわく、国内に在庫をたくさん持っているからだそうです。

国産車の場合、基本的に車を注文してから生産されるため2〜3ヶ月(人気車だともっと)納車にかかるのが一般的です。

初めからほぼフル装備(=オプションが少ない)

ジープ エクステリア
ジープラングラーは、買った時から室内装備は(カーナビを除いて)ほとんどフル装備で付いていると考えてよいと思います(スピーカーや、サイドビューモニター、エアコンなどのグレードを選ぶオプションが無い)。 いろんなオプションを少なくしているからこそ、国内に在庫を持ちやすいんでしょうね^^

ジープの自動車保険について

自動車保険については、保険に入る条件(年齢や事故歴、車両保険の有無など)によって保険料がずいぶんと違ってきます。ちなみに僕の場合は、車両保険を入れて年間で10万円くらいでした。

まとめ

ジープラングラー

僕がジープラングラーアンリミテッドを購入した時にかかったお金は結局のところ、以下のようになりました。

【2018.1.19追記】
2018.2.1〜の車輌本体価格改定により改定後の価格も載せました
車輌本体価格(2018.2.1〜価格改定) 4,276,800円

4,450,000円

法定費用 296,100円
手続代行費用 86,240円
メンテナンスパック 78,840円
ボディガラスコーティング 75,600円
付属品計 237,924円
合計

車輌本体価格の価格改定後の総額に変更

 5,051,504円

5,224,704円

付属品などは、納車後に比較検討して購入すると良いかもしれませんね。

今回の記事をご覧いただいて、ジープラングラーアンリミテッドの購入を検討している方の参考になれば幸いです^^

ジープラングラーアンリミテッド 関連記事

ジープラングラーアンリミテッドに2年間乗ってみて、実感した「ジープラングラーの良い点、悪い点」をまとめてみました。(良い点5つ・悪い点5つ)ジープラングラーのスペックや、種類の違い(スポーツとサハラの違い)なども解説しています。
JEEP(ジープ ラングラー アンリミテッド)に、ルーフキャリアSmittybilt ディフェンダーラックを設置しました。キャリアを付けたことで、積載量もガツンと増えたので、キャンプなどのアウトドアで大活躍しています (^ ^)
愛知県からずっと行きたかった北海道へキャンプ旅行へ! ジープラングラーアンリミテッドに3300キロ乗って、北海道にキャンプ旅行に1...
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告




レクタングル(大)広告




フォローする