フジカハイペットを選んだ理由【灯油ストーブ比較レビュー】

フジカハイペット 冬キャンプ

肌寒い季節にキャンプをするためのストーブをいろいろと検討した結果、灯油ストーブのフジカハイペットを選びました。

フジカハイペット

数あるストーブの中で、なぜフジカハイペットを選んだのか?

今回のブログでは

  1. キャンプで使用する灯油ストーブの条件
  2. 各メーカーの灯油ストーブの比較
  3. フジカハイペットを選んだ理由

について詳しく解説します^^

スポンサーリンク

なぜキャンプに灯油ストーブが必要なのか?

雪中キャンプ

肌寒い季節のキャンプには暖房が必要不可欠。特にテントやスクリーンタープで暖をとるストーブは必須アイテムです。

灯油ストーブ

「ストーブ」といっても種類がいろいろありますが、火力もあって燃焼時間も長い、しかも燃料がどこでも簡単に手に入る「灯油ストーブ」が手軽だし便利が良いので超オススメです。

キャンプで使うための灯油ストーブ「5つの条件」

購入の前に、キャンプで使う灯油ストーブに必要な条件をいくつか考えました。僕の場合、条件は全部で5つありました。

【条件1】電源(コンセント)が不要

キャンプ場では電源(コンセント)が使えるところあまりありません。どんな場所でも電源なしで使えるような、灯油ストーブであることは絶対条件ですね。

【条件2】安全機能がしっかりしている

灯油ストーブは引火性のある液体を燃やして暖をとるため、安全面がしっかりとしている必要があります。特に小さな子供と一緒にキャンプに行くなら、絶対に安全に配慮したいところです。

耐震自動消火装置

灯油ストーブを誤って倒してしまったり、地震が起きた時などに、自動で消化する機能(耐震自然消火装置付き)がストーブに付いていると万が一の時でも安心です。

【条件3】燃焼時間が10時間以上

寒い夜に寝ている間、燃料切れにならないようにストーブの燃焼時間が続くことが大事です。燃焼継続時間は最低で10時間以上はある方が良いと思います。

寝ている間に灯油ストーブを使う時には、換気がしっかりしていないと一酸化炭素中毒を起こす危険性があります。注意しましょう^^

【条件4】愛着が持てるデザイン

個人的には、長い間使っていても飽きがこないシンプルなデザインが好きです(^^)

【条件5】車で持ち運びやすい

強力な火力があるストーブほど暖かいのですが、それに比例してストーブのサイズが大きくなります。

だけどサイズが大きなストーブは、ただでさえキャンプ道具満載の車の中に入れるのが大変です。車に積みやすい、ほどよい大きさのストーブがいいですね^^

これらの条件を満たした灯油ストーブ候補

上記の条件を満たした灯油ストーブの候補は、以下の5つです。

レインボーストーブ

トヨトミレインボーストーブRL-25F

メーカートヨトミ
品名レインボー
型式RL-25F
出力2.5kW
タンク容量4.9L
燃焼継続時間20時間
寸法(高x横x奥)485x388x388mm
重量 6.2kg

レインボーストーブの特徴

ランタンのようなデザインが特徴のトヨトミ「レインボーストーブ」。候補の中では燃焼時間が一番長い(20時間)。点火方法は候補の中で唯一の電池式。炎の周りが特殊なガラス板で囲まれていて、見る角度によって炎が虹色に見える。

レインボーストーブの短所

炎がレインボー色に見える角度は、しゃがんで真横から見る場合のみ。椅子に座ると上部のカサ部分が邪魔して見えない。さらに炎の周りをガラス板が囲っているため、ストーブの側面があまり暖かくない。

その他

スノーピークが出しているレインボーストーブ(トヨトミのOEM製品)もあります。(その分値段が高いですが^^;)

アルパカストーブ

アルパカストーブ

photo by アルパカストーブ(miraimart)

メーカーテソ電器
品名アルパカ
型式TS-77A
出力3.84kW
タンク容量6.0L
燃焼継続時間15時間
寸法(高x横x奥)450x323x323mm
重量 6.4kg

アルパカの特徴

韓国製のアルパカストーブ。一つ前のモデルは耐震自然消火装置が付いていなかったが、新型は付くようになった。候補の中で一番「出力」が高い(3.84kW)。価格も低価格(2万円ちょっと)。

アルパカの短所

海外製品なので、故障時などのアフターメンテナンスがちょっと心配…

スノーピーク タクード

タクード

スノーピーク(snow peak) タクード KH-002BK

メーカースノーピーク
品名タクード
型式KH-002BK
出力2.15kW
タンク容量3.1L
燃焼継続時間15時間
寸法(高x横x奥)340x380x380mm
重量 6.0kg

タクードの特徴

スノーピークから2017年に発表されたコンパクトな灯油ストーブ「タクード」。スノピのアイアングリルテーブル(IGT)にドッキングできる。ストーブの用途が「煮炊き用」とされている。

タクードの短所

コンパクトでデザインが良いけれど、出力が弱い(候補中最低)。大型テントの場合だと幕内全体が暖まらないかも。あとは値段が高い(税込で4万円越え)。

アラジン ブルーフレーム

アラジンブルーフレームヒーター

アラジン ブルーフレームヒーター ホワイト BF3911-W

メーカーアラジン
品名ブルーフレーム
型式BF3911
出力2.68kW
タンク容量4.1L
燃焼継続時間15時間
寸法(高x横x奥)551x388x405mm
重量 8.5kg

アラジンの特徴

アラジンのブルーフレームは何といってもデザインが秀逸。80年以上変わらない伝統あるデザイン。ずっと眺めていたい^^ 「ブルーフレーム」とは燃焼部分の「青い炎」の意味。

アラジンの短所

サイズが大きい(高さ55センチ)ため、車に積載するのに場所をとる。また燃焼部分が筒に覆われているため、ストーブの側面はそこまで暖かくない。

フジカハイペット

photo by フジカハイペット

メーカーフジカ
品名ハイペット
型式KSP229-21C
出力2.56kW
タンク容量3.6L
燃焼継続時間12時間
寸法(高x横x奥)432x330x330mm
重量 5.5kg

フジカハイペットの特徴

フジカハイペットは燃焼部分(コイル)がネットにおおわれているデザインのため、(輻射熱が伝わるため)ストーブの側面も暖かい。灯油を入れるタンクが特殊構造で、倒れても灯油が漏れない(!)。候補の中では最軽量(5.5kg)。

フジカハイペットの短所

タンク容量が比較的少ない(3.6L)

条件には当てはまらないけど、魅力的なストーブ

武井バーナー

武井バーナー501A

photo by 武井バーナー

メーカー武井バーナー
品名パープルストーブ
型式501Aセット
タンク容量2.8L
燃焼継続時間10時間
寸法(高x横x奥)370x190x190mm
重量 2.5kg

無骨なデザインが男心をくすぐる武井バーナー。見た瞬間「カッコイイ!」と一目惚れしたのですが、残念ながら耐震自然消火装置が無い、燃焼中の音がかなり大きいため、今回は見送り。男のキャンプ道具っていう感じで好きなんですけどね。。残念(^^)

候補ストーブ比較表

エクセルで作成した各ストーブの比較一覧表です。
灯油ストーブ比較表
文字が小さくて申し訳ないですが、ご参考になれば幸いです^^

フジカハイペットに決めた理由

候補に挙げたストーブは、どれも甲乙つけがたい優秀なストーブです。僕が最終的にフジカハイペットに決めた理由は以下の4つの理由が決め手となりました。

【理由1】反射板がある

フジカハイペットには「反射板」というステンレス板がオプションとしてあります。
反射板

このようにストーブに設置することで、反射板のある部分は熱が(ある程度ですが)遮断できます。
フジカハイペット反射板

通常ストーブはテント(もしくはシェルター)内の中央に置かなければいけません。なぜなら端の方に置くと、熱によって幕が傷む可能性があるからです。

しかし反射板をストーブにセットすると、(熱が遮断できるため)テントの端の方に置けるメリットが生まれます。

灯油ストーブを幕の端の方に置くことで、テントやシェルター内がより広く使えます。

それでも幕ギリギリのところにストーブを置くと、ストーブの上部からの熱で幕が痛みます。反射板をセットした場合でも幕からある程度は離しましょう。

また、反射板によって燃焼部分(コイル)を反射させる事によって側面に輻射熱が生まれて、ストーブの正面がより暖かくなります。

【理由2】ストーブの側面も暖かい

フジカハイペットは燃焼部分がむき出しになっている構造のため、ストーブの側面も遠赤外線効果により、あったかいです。ストーブ側面に手をかざすと、じわっと温まります。
フジカハイペット

先ほどの「理由1」でも述べましたが、フジカハイペットに反射板をセットすると、後方に行くはずの熱が前方に反射されるため、さらに暖かくなります。

フジカハイペット

逆に燃焼部分の周りにガラス板や金属板があるタイプ(レインボー、アラジン)だと、遠赤外線効果がさえぎられてしまうので、フジカと比べると側面の暖かさが弱くなります。

【理由3】家のインテリアにあったデザイン

これは好みの問題ですが、フジカハイペットの無骨でシンプルなデザインが自宅のリビングに置いても違和感が一番なさそうでした。

キャンプで使わない時は、自宅のリビングに置いて使っています^^

【理由4】灯油満タンの状態で家から持っていける(メーカー非推奨)

「ストーブが倒れると、灯油がこぼれますか?」と、電話で各メーカーに質問したところ、「こぼれません」と答えてくれたメーカーはフジカだけでした。

「つまり灯油を入れたストーブを、そのまま車で運んでも大丈夫ってことですか?」と、さらにフジカに聞いてみたら「メーカーとしてはオススメしていません(つまり自己責任で)」とのこと。

僕は今までに灯油満タン状態のフジカハイペットを、車でキャンプ場まで運んでいますが、今まで一度も灯油が漏れたことはありません。

文中でも書きましたが、灯油を入れた状態で車に載せて運ぶことはメーカーとしては推奨していません。自己責任でお願いします^^;

まとめ

今年でフジカハイペットを使用して3年目になります。今まで故障もなく、キャンプでも自宅でも寒い季節はずっと活躍してくれています。

灯油ストーブは製造メーカーによって個性があります。だからこそ自分にあった灯油ストーブを選ぶことに楽しさがあるのでしょうね^^

フジカハイペット 関連記事

スポンサーリンク
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
このブログを書いてる人
キタガガ

キャンプが好きでブログ「キャンプ200gください」を書いています。

「キャンプ200gください」の更新をフォローする
キャンプキャンプ道具
スポンサーリンク
「キャンプ200gください」の更新をフォローする
キャンプ200gください