シングルバーナー(CB缶用)にST-310を選んだ理由【比較レビュー】

ST-310

キャンプで料理したりお湯を沸かしたりで大活躍するシングルバーナー。僕は数あるシングルバーナーの中で「sotoレギュレーターストーブ ST-310」を使っています。

SOTO ST-310

今まで数々のバーナーを試してきましたが、最終的に今つかっている新富士バーナーのST-310にたどり着きました。ST-301はCB缶を使うシングルバーナーの最高傑作だと思います。

今回のブログでは、

  1. ツーバーナーと比べたシングルバーナーの利点
  2. キャンプで快適に使えるシングルバーナーの条件
  3. 他のシングルバーナーとの比較
  4. ST-310を選んだ理由

ついて詳しく解説していきます^^

スポンサーリンク

ツーバーナーと比べたシングルバーナーの利点

ツーバーナー

僕は家族キャンプでも、(ツーバーナーではなく)シングルバーナーを使っています。理由はシングルバーナーの方がメリットを多く感じるからです。

【利点1】シングルバーナーはどこでも使える

シングルバーナーは場所を選ばずに、どこにでも自分の手に届く場所に設置できるのが利点です。

st-310

テーブルの上、シェルターの中、地面に直接置いてもOK。どこでも自分の好きな場所で使えます。

コールマン ツーバーナー

一方でツーバーナーは組み立てて設置すると、自宅のキッチンのように使える場所が固定されてしまいます。バーナーを使いたい時は、いちいちキッチンの場所に移動する必要があります。

【利点2】シングルバーナーは持ち運びが楽

soto st-310

ツーバーナーは大きくて重いので持ち運ぶのが面倒ですが、シングルバーナーだと簡単に片手で持ち運べます。車からの出し入れも簡単です。また置き場所のスペースをとりません。

ツーバーナー

もちろんツーバーナーにも「自宅のキッチンのように使える」「鍋を置いた時に安定感がある」などのメリットがあるので、ユーザーの使う環境によって好みは異なると思います^^

シングルバーナーに必要な3つの条件

シングルバーナーをキャンプで快適に使用するための条件は以下の3つです。(あくまで個人的な意見です^^;)

【条件1】カセットボンベ缶(CB缶)が使えること

ガス缶にはCB缶(カセットボンベ缶)とOD缶(アウトドア缶)の2種類があります。

OD缶とCB缶

CB缶(カセットボンベ)のメリット

カセットボンベ缶

CB缶のメリットは2つあります。

(メリット1)CB缶は値段が安い

CB缶とOD缶で同じガス量のガス缶1本につき、4倍〜5倍の値段の違いがあります。

  ガス量 価格(実勢価格)
 CB缶 250g 100円〜250円
 OD缶 250g 400円〜500円

1回のキャンプでガス缶は1〜2本使うので、トータルで本数を積み上げていくと結構な金額になりますね(^^; 経済的なCB缶がオススメです。

(メリット2)CB缶は手に入れやすい

CB缶はコンビニ、スーパーどこでも売っているので、万が一忘れた時などでも安心です。OD缶はアウトドアショップなど限られた場所でしか手に入りません。

反対にOD缶のメリットとしては、【1】寒くても火力が安定している(ものもある)。【2】OD缶のバーナーは軽量なタイプが多い。などがあります。

【条件2】十分な火力があること

スキレット料理

一般的な家庭のガスコンロで最大火力が3610calあります。キャンプでそこまでの火力は無理だとしても最低2000kcalは欲しいところです。

火力が2000kcal以下だとお湯を沸かすのに、ちょっと時間がかかる感じです。

【条件3】アフターメンテナンスがしっかりしていること

火を扱う機器なので、アフターサービスが万全なメーカーが安心ですね。トラブルがあった時に電話で質問などができると助かります。

アフターサービス

条件にあったシングルバーナーの比較

上記3つの条件(CB缶、火力、アフターサービス)に当てはまったシングルバーナー候補は以下の5つです。

【候補1】イワタニ ジュニアコンパクトバーナー

岩谷産業 ジュニアコンパクトバーナー CB-JCB

メーカー岩谷産業
品名ジュニアコンパクトバーナー
型式CB-JCB
最大火力2300kcal(2.7kW)
本体サイズ(幅x奥x高)155 x 155 x 127(mm)
収納サイズ(幅x奥x高)82 x 68 x 109(mm)
重量274g
連続燃焼時間2時間
最大ゴトク幅15.5cm

photo by Iwatani

ジュニアコンパクトバーナーの特徴

岩谷産業のジュニアコンパクトバーナーは5つの候補の中で最軽量で価格もリーズナブル(3000円中盤)。バーナーに乗せることが可能な鍋の大きさは16cm以下と、見た目のコンパクトさよりも大きな鍋を乗せることができる。

ジュニアコンパクトバーナーの欠点

ゴトク(鍋を直接置く部分)を支える足場の台が小さい(逆台形になる)ため、ゴトクに置く鍋が不安定になりやすい。

【候補2】ユニフレーム US-700

photo by UNIFLAME

メーカーユニフレーム
品名ミニバーナー
型式US-700
最大火力2400kcal
本体サイズ(幅x奥x高)93 x 77 x 115(mm)
収納サイズ(幅x奥x高)本体サイズと同じ
重量315g
連続燃焼時間100分
最大ゴトク幅約9cm

ユニフレーム US-700の特徴

ユニフレームのミニバーナー(US-700)は、実際に使う時のサイズが候補の中で最もコンパクト。また組み立てが不要ですぐに使える。

ユニフレーム US-700の欠点

コンパクトな反面、ゴトクが小さい(約9cm)ので大きい鍋がのせられない。また置いた鍋が安定しにくい。

【候補3】ユニフレーム US-D

Photo by ユニフレーム

メーカーユニフレーム
品名テーブルトップバーナー
型式US-D
最大火力3000kcal
本体サイズ(幅x奥x高)200 x 200 x 90(mm)
収納サイズ(幅x奥x高)本体サイズと同じ
重量900g
連続燃焼時間55分
最大ゴトク幅20cm

photo by UNIFLAME

ユニフレーム US-Dの特徴

ユニフレームのテーブルトップバーナー(US-D)は、5つの候補の中でゴトクの幅が最も広い(20cm)ので、大きな鍋も安定して置くことができる。また火力も強い。対荷重が15kgなので、ダッチオーブンや、鍋料理なども可能。組み立て不要。

ユニフレーム US-Dの欠点

組み立て不要の反面、収納するときのサイズが大きい。候補の中で一番重い(900g)

【候補4】SOTO シングルバーナー ST-301 新富士バーナー

st-301

SOTO シングルバーナー ST-301 新富士バーナー

メーカー新富士バーナー
品名シングルバーナー
型式ST-301
最大火力3200kcal(3.7kW)
本体サイズ(幅x奥x高)190 x 176 x 83(mm)
収納サイズ(幅x奥x高)160 x 100 x 90(mm)
重量690g
連続燃焼時間1.4時間
最大ゴトク幅20cm

ST-301

SOTO シングルバーナー ST-301の特徴

新富士バーナーのSOTO(ST-301)はゴトク幅が広い(20cm)。よって最大25センチまでの大きめの鍋が使用できる。また折りたたんでコンパクトに収納が可能。火力も高い。

SOTO シングルバーナー ST-301の欠点

組み立てに少し時間がかかるので、ケースから出してすぐに使えない。

【候補5】SOTO レギュレーターストーブ ST-310 新富士バーナー

st-310

メーカー新富士バーナー
品名レギュレーターストーブ
型式ST-310
最大火力2500kcal(2.9kW)
本体サイズ(幅x奥x高)166 x 142 x 110(mm)
収納サイズ(幅x奥x高)140 x 70 x 110(mm)
重量350g
連続燃焼時間1.5時間
最大ゴトク幅13cm

SOTO レギュレーターストーブ ST-310の特徴

ゴトク部分とそれを支える台が一体になっており、置いた鍋が安定する。直径19cmまでの鍋が使用可能。コンパクトに収納できる。低温でも火力が安定するマイクロレギュレーター機能付。

SOTO レギュレーターストーブ ST-310の欠点

ゴトク部分と支える台が一体のため火傷しやすい。点火スイッチが押しにくい(別売りアタッチメントあり)

条件に合わなかったけど魅力的なシングルバーナー

SOTO 新富士バーナー Gストーブ ST-320

新富士バーナー(SOTO) Gストーブ ST-320

メーカー新富士バーナー
品名G-ストーブ
型式ST-320
最大火力1500kcal(1.7kW)
本体サイズ(幅x奥x高)153 x 195 x 77(mm)
収納サイズ(幅x奥x高)142 x 78 x 25(mm)
重量380g
連続燃焼時間2.6時間
最大ゴトク幅9cm

最大火力が1500kcalと若干火力が弱めだけど、収納サイズが驚異の2.5cm(!)

photo by 新富士バーナー

めちゃくちゃ小さくなるギミックに魅力を感じました。セカンドバーナーとして良いと思います。

シングルバーナー比較表

シングルバーナーを各機種ごとに比較した一覧表です。

シングルバーナー比較

小さい文字で見づらくて申し訳ありませんが、ご参考になれば幸いです^^

候補の中で、ST-310を選んだ理由

条件にあった5つの候補の中で、最終的にST-310を選んだ理由は以下の3つです。

【理由1】五徳に安定性がある

ST-310 スキレット安定

ゴトク全体が「台形」のカタチをしているので、大きめの鍋をのせても安定します。

【理由2】コンパクトに収納できる

st-310 折りたたみ

折りたたんで収納する時も、使う時に組み立てる時も素早くできる仕組みになっています。

ST-310 折りたたみ

【理由3】火力が安定している

CB缶を使うバーナーの弱点は、外気温が低い時に火力が低下しやすいことです。

ST-310は気温が低い時にも火力を安定させることができる機能(マイクロレギュレーター機能)を持っています。

ST-310 火力

この機能によって、ドロップダウン(バーナーを長時間使用しているとガス缶自体が冷えて火力が低下してしまう状態)の影響も受けにくくしています。

【理由4】デザインが良い

デザインは好みの問題ですが、長く大切に使うには大事なポイントです。シンプルなデザインが好きな僕は、候補の中でST-310が一番気に入りました。

まとめ

シングルバーナーST-310を使って2年になりますが、今でも(他のシングルバーナーと比べて)使い勝手が良いことを実感します^^

新富士バーナー st-310

キャンプで使用するシングルバーナーを検討されている方には、自信を持ってオススメします。


シングルバーナーST-310 関連記事

スポンサーリンク
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
このブログを書いてる人
キタガガ

キャンプが好きでブログ「キャンプ200gください」を書いています。

「キャンプ200gください」の更新をフォローする
キャンプ道具
スポンサーリンク
「キャンプ200gください」の更新をフォローする
キャンプ200gください