ST-310シングルバーナー 8つの欠点と対策方法【レビュー】

st-310 シングルバーナー

シングルバーナーの傑作「SOTO(新富士バーナー)ST-310」。キャンプに行く時は必ず持っていく道具の1つです。

st-310 スキレット料理

購入当初から愛着を持って使い続けているST-310ですが、初めから全てが気に入っていたわけではなく、使っている間に「欠点」もいくつか目につきました。

今回はST-310を使い続けてわかった「欠点」と、その欠点をカバーするための「対策ポイント」や「カスタマイズの方法」について詳しく解説していきたいと思います。

ST-310の「長所」については、こちらの関連記事(↓)をご覧ください(^^)
キャンプで料理したりお湯を沸かしたりで大活躍するシングルバーナー。数あるバーナーの中からSOTO(新富士バーナー)のST-310を選んだ理由を、他のシングルバーナーとの比較をしながら詳しく解説します。
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告




【ST-310】8つの欠点と対策方法

st-310 新富士バーナー

シングルバーナーST-310を使っている間にわかった8つの欠点と、欠点をカバーする方法やカスタマイズ方法について解説していきます。

【欠点1】「とろ火(弱火)」が苦手

ST-310は火力が強いことが長所の一つなのですが、逆に「弱火(とろ火)」の状態を持続させることが苦手です。

st-310 弱火

例えばスキレットでハンバーグや餃子などを弱火でじっくりと焼きたい場合や、とろ火で鍋料理を煮込みたい場合などに、弱火に調節しておくと(風の影響などで)知らない間に火が消えてしまうことがあります。

st-310 スキレット焦げ

また火が消えないように火力を上げると、強火になりすぎて料理が焦げてしまうこともあります。。

【対策】 バーナーパットを置く

ユニフレーム バーナーパットM

ユニフレームから出ている「バーナーパット(M)」 をゴトクの上に置いて調理をすると、シングルバーナーの強い「炎」をパットの特殊耐熱鋼メッシュによって、赤外線の「熱」に変えて自動的に「とろ火」の状態にしてくれます。

バーナーパットM

途中で火が消えることも無く、安定した「とろ火状態」が続きます。

またバーナーパットをゴトクに置くことで、鍋やクッカーを置く時にも安定感が出るし、滑り止めにもなります。

バーナーパット 料理

バーナーパットの厚みは、たったの2.4mm。コンパクトで持ち運びもかさばりません。

バーナーパットM st-310

このバーナーパットはとても便利なので、僕は自宅キッチンのガスコンロでも「バーナーパット」を置いてスキレット料理をしています(このおかげで料理が焦げません)

バーナーパット ガスコンロ

【欠点2】点火スイッチが押しづらい

st-310 点火スイッチ

ST-310は点火スイッチが小さくて、かなり押しづらいです。

st-310 点火スイッチ 手押し

また点火スイッチを水平方向に押して点火させる構造なので、片手で点火スイッチを押すと、バーナーが(水平方向に)動いてしまいます。

点火の時にバーナーが動かないように、もう片方の手で固定する必要があります。

点火に両手を使わないといけないので、手間だし、毎回のことなのでストレスを感じます。

st-310 点火スイッチgif

バーナーを使っていてゴトクが熱くなっている状態で(火が消えちゃって)もう一度点火する時、誤ってスイッチの近くにあるゴトクに触ってしまい火傷してしまうこともあります。。

【対策】点火アシストレバーを取り付ける

st-3104 点火アシストレバー

小さい点火スイッチの弱点をカバーするために、メーカー純正の「ST-310専用点火アシストレバー(st-3104)」が販売されています。

この「アシストレバー」を取り付けることにより、点火がワンタッチで簡単にできるようになります。

レバーはプラスドライバーさえあれば1分程度で簡単に取り付けられます。

アシストレバーは垂直方向に押すことで点火ができる構造になっている、両手を使わずに片手で簡単に点火することができます。

この「点火アシストレバー」があると無いとでは使い勝手が全然ちがいます。(標準仕様にすればもっと人気が出るのに。。)

もちろんアシストレバーを付けたまま収納も可能です。

st-310 収納

【欠点3】大きな鍋が不安定で置きにくい

st-310とスキレット

ST-310のゴトクは他のシングルバーナーと比べると安定性がありますが、置ける鍋の大きさには制限があります。(メーカー推奨は直径19センチまで)

直径19センチ以上の大きめな鍋やダッチオーブンをST-310を使って調理する時は、安定感が無くひっくり返してしまうリスクが高いのです。

【対策】 大きめなゴトクを別に用意する

st-310 折りたたみゴトク

大きめなゴトクを別に1つ用意してST-310の上にかぶせるように設置します。ST-310のゴトクよりも大きな鍋やクッカーを支える面積が大きくなるので、しっかりと安定できます。

このゴトクはコンパクトに折りたためるので、持ち運びにも場所をとらず便利です。

ダッチオーブン料理などで長時間に渡って火を使う場合はガスボンベが近距離にあるので、ガスボンベとバーナーが分かれているタイプ(例:ST-301)を併用して使うのがオススメです。

soto st-301

新富士バーナー(SOTO)のダッチオーブンも使える個性的なシングルバーナー「ST-301」の「6つの長所」と「6つの短所(とその対策方法)」について、たくさんの写真とgif動画を使って分かりやすく解説・レビューしています。

【欠点4】ゴトクが熱くなってヤケドしやすい

st-310 ゴトクの熱

ST-310はゴトク部分と支える台が一体になっているため、点火中の熱いゴトク部分を触ってしまい火傷してしまうことがあります。

テーブルの上などでST-310を使用する場合、テーブルの材質によってはゴトクの熱で跡がついてしまう可能性もあるので注意しましょう。

【対策】シリコンチューブを装着する

st-3105 アシストグリップ

ゴトク部分に「耐熱シリコンチューブ」を装着すると、火傷する確率がかなり低くなります。

st-310 シリコンチューブ

SOTOから販売されている純正のシリコンチューブ(アシストグリップST-3105)や、ホームセンターなどで耐熱シリコンチューブを調達して自作することもできます。(僕の場合は純正を購入しました)

SOTO純正のシリコンチューブは、さすがにST-310専用で作られているだけあって、とてもスムーズに装着できました。

st-310 シリコンチューブのつけ方

シリコンチューブを付ければ、どんな材質のテーブルでもゴトクの熱を伝えてにくくできるため、長時間の使用でもテーブルに焦げ跡が付くこともありません。

次ページは、ST-310の【欠点】の続きと、さらに便利な【カスタマイズ方法】を紹介していきます。
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告




レクタングル(大)広告




フォローする