失敗しないランタンのマントル交換・から焼きのコツ【初心者向け】

コールマン200A

キャンプで使うランタンの中で、燃料系ランタンはズバ抜けた明るさを備えています。

「燃料系ランタン」とは、ホワイトガソリン、灯油、ガスなどを燃料として使用するランタンのことです。

キャンプの夜に「燃料系ランタン」は強い味方となりますが、ランタンを使用する前に「マントルをから焼きする」という作業が必要です。

失敗したマントルのから焼き(穴が空いてる…)

失敗したマントルのから焼き(穴が空いてる)

この作業が燃料系ランタン初心者にとっては少しハードルが高く感じるかもしれませんが、ちゃんとした手順とコツを知っていれば心配はありません。

今回は、燃料系ランタンの「マントル」について、以下のポイントについて詳しく解説していきます。

  • ランタンのマントルって何?
  • なぜ「から焼き」は必要か?
  • 初心者のための「失敗しないマントル交換・から焼きの手順とコツ」
  • マントル交換の目安
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告




ランタンの「マントル」とは?

ランタンのマントル

マントルとはランタン本体に装着する「合成繊維で編み込まれた網状の袋」のことです。 

ランタンのマントルから光

電球がフィラメントから光を放出するように、ランタンではマントルから光を放出します。

電球のフィラメント

【マントル豆知識】
マントルは約130年前(1886年)に、オーストリアの科学者「カール・ヴェルスバッハ」が発明しました。まさにマントルとランタンの父ですね(^^)


なぜマントルを「から焼き」する必要があるのか?

「から焼き」とは「マントルを(焼いて)灰状にする作業のこと」です。

マントルのから焼き

なぜマントルを「灰状」にする必要があるのでしょうか?

そもそもランタンは「マントル」という袋に ガス状にした燃料(ホワイトガソリン・灯油など)を溜め、発熱させて光を放つ仕組みです。

ランタンのポンピング

マントルから光を放つには、マントルの繊維を灰状にして編み込まれている余分な綿を焼き切る必要があります。

ランタンマントル

マントルに編み込まれている柔らかい綿を焼き切って、マントルを(もろいけれど)硬い「純粋な発光する物質だけにする」ために灰化させるのです。

マントル「から焼き」の手順とコツ

燃料系ランタンのマントルをから焼きする「手順とコツ」を解説していきます。

コールマン639c

これから解説する画像のランタンは、灯油ランタン(ケロシンランタンとも呼びます)のコールマン639Cを使用しています。

【手順1】本体にマントルを結びつける

本体にマントルを結びつける

まず袋から取り出したマントルのシワをなくして、ランタン本体に均等になるようにマントルを強く結びつけます。

【コツ】 マントルを本体に結びつける時は、二重に「仮結び」をします。

【手順2】余分なヒモはハサミで切る

結びつけて余ったマントルのヒモは、5ミリくらい残してハサミで切り取ります。

マントルの紐をハサミで切る

ヒモが長いままだと、から焼きした後のマントルに余ったヒモが触れてしまい、マントルが破れてしまうことがあります。

【コツ】 結んだヒモ周りのシワも、できるだけ均等にしておきましょう。

【手順3】ライターでマントルを焼く

本体に結び終えたマントルに下からライターで火をつけます。

ライターでマントルを焼く

一気に燃やして灰状にします。

途中で火が消えてしまうと、もう一度火をつけた時にマントルが壊れやすいので注意しましょう。

マントルを焼く時は、煙とニオイがすごいので室内ではなく 屋外での作業がオススメです(^^;

【手順4】マントルが縮まって灰化する

一気に燃やした後、マントルは縮まって「灰化」します。

マントルが縮まって灰化する

【コツ】 灰化した直後の縮まったマントルは、非常に壊れやすいので注意して扱いましょう。

【手順5】ランタンを点火して、マントルを膨らませる

灰化し終わったら、ランタンを組み立てて点火させます。

ランタンを点火して、マントルを膨らませる

点火させることにより、縮まったマントルが綺麗な状態に膨らんで硬化します。

これでマントルの「から焼き」は無事完了。あとは思う存分ランタンを使うだけです(^^)

マントル交換時期の目安

マントルは使用していると、だんだん劣化してきます。

マントル交換時期の目安

ランタンを使用する前に必ずマントルを確認して、マントルに「小さな穴や破れ」を見つけたら新しいものに交換しましょう。

マントルが破れた状態でそのまま使用していると、ランタンのガラス(ホヤ)が割れたり、内部故障の原因になります。

その他「マントル」の注意点

車で運ぶ時は「縦置き」で

車で運ぶ時には、必ずランタンは縦置きにしましょう。横置きにしてしまうと振動でマントルが破れてしまいます。

予備のマントルは必ず持って行く

予備のマントル

キャンプ場に着いてからマントルの破れに気づくこともあります。予備のマントルを用意して、ランタンと一緒に持って行きましょう。

まとめ

燃料系ランタンは最初の準備である「マントルのから焼き」さえクリアしてしまえば、キャンプ場の暗闇をしっかりと照らしてくれる手放せないランタンになります。

燃料系ランタン

マントルの交換や から焼きにお困りの方は、ぜひこの方法でチャレンジしてみてくださいね(^^)



スポンサーリンク
レクタングル(大)広告




レクタングル(大)広告




フォローする