キャンプ用「薪ストーブ」買う前に知っておきたい5つの知識【入門編】

ジーストーブ

薪ストーブはキャンパーにとって憧れのキャンプ道具。しかしながら、ハードルの高い存在でもあります。

バランゲルドームに薪ストーブ

ハードルが高い理由として、
薪ストーブをキャンプで使用するには、

    「全部で何が必要なのか?」
    「どう設置したら良いのか?」

など、

初心者にはわからないことが多すぎるからです。(僕がそうでした)

雪中キャンプ薪ストーブ

ハードルが高そうに見える薪ストーブですが、事前に「ちょっとした知識」さえ身に付けておけば、大したことはありません。

薪ストーブ

今回は、キャンプ用「薪ストーブ」導入を検討されている方向けに、「これだけは知っておいた方が良い知識」を全部で5つ、以下の点について詳しく解説していきます。

  1. 薪ストーブの素晴らしい「3つのメリット」
  2. 残念な「デメリット」もあります
  3. 薪ストーブ これだけある「種類の違い」
  4. 煙突の出口を決めるポイントとは?
  5. 最低限必要な道具と、あると便利な道具

 

実際に僕が、薪ストーブを導入した時の経験と失敗を元に「これは知っときたかったなー」と思った事を書きまとめました(^^)
スポンサーリンク

【知識その1】薪ストーブの「メリット」を知る

まずは、薪ストーブを持つことによって受ける「素晴らしいメリット」を知って、薪ストーブ導入のために、自分で自分の背中を押して行きましょう(笑)

【メリット1】最強クラスの暖かさ

薪ストーブは、薪を燃やした熱を炉内と煙突部分に蓄熱させ、その熱によって空間を暖かくする構造です。

g-stove

薪ストーブの熱効率は非常に良く、暖房効果はアウトドア暖房器具の中でダントツで最強です。

薪ストーブキャンプ

薪ストーブがあれば、冬キャンプだろうが、雪中キャンプだろうが、幕内は薄着でも快適に過ごせます。

薪ストーブテント内温度

ただし薪ストーブを使わない時間帯は寒いため、防寒の用意は必ずしていきましょう。

【メリット2】テント内で炎をながめていられる

キャンプといえば焚き火。

焚き火の炎をながめていると、不思議と幸せな気分になってきます。

当然、焚き火は外でしかできませんし、冬の焚き火は寒くて長い間やっていられません(個人差あります)。

薪ストーブなら、テントの中でゆっくりと揺らめく炎を、思う存分ながめ続けることができます。

薪ストーブ炎

焚き火と同じく、薪ストーブの中の炎をながめているだけで、幸せな気分になれます(^^)

テント内で火器を扱う場合は、くれぐれも一酸化炭素中毒に気をつけましょう。一酸化炭素警報器はマストアイテムです。

【メリット3】薪ストーブで料理もできる

薪ストーブは暖房だけでなく、その熱を利用して料理を作ったり、お湯を沸かすことができます。

薪ストーブの上に置いておくだけで一品料理が出来上がります。

薪ストーブの上に置いておくだけで一品料理が出来上がります。

薪ストーブを、いつでもコンロ代わりに使うことが出来てしまいます。

いつも「お湯が沸いている」幸せ

薪ストーブお湯

寒い季節のキャンプでは「お湯」があると、いろいろと重宝します。

グランマーコッパーケトル

たくさんお湯があれば、温かいコーヒーやお茶をいつでも淹れられるし、料理にも使えます。

食器の洗い物にもお湯が使えると、油汚れもよく落ちます。

お水を入れたケトルを薪ストーブに置きっぱなしにさえしておけば、いつでも沸いたお湯が使えるし、乾燥ぎみな幕内の湿度も潤います。

【知識その2】薪ストーブのデメリットを知る

薪ストーブには「メリット」だけでなく、残念ながら「デメリット」も存在します。

しっかりとデメリットを知った上で、薪ストーブの導入を検討することも大事です。

【デメリット1】手間と時間がかかる

薪ストーブは「組立て・片付け・メンテナンス」に、手間と時間がかかります。

薪ストーブの組み立て

薪ストーブの組み立てには多少の手間と時間がかかります。

薪ストーブの撤収では、高温になった炉の温度が下がるまで待つ必要もあります。

薪ストーブ撤収

片付け時は、炉内と煙突の掃除をしなければいけません。

薪ストーブ炉内の掃除

撤収時は、チェックアウト時間に間に合うように、余裕を持って片付け始めることが大切です。

薪ストーブ煙突の片付け

【デメリット2】夜中(寝る時)は寒い

薪ストーブは(当然ですが)薪を入れ続けないと暖かさを持続できません。

薪ストーブ炉内

夜中の寝る時間は、燃えていた薪の炎が消えて、だんだん寒くなってしまいます。

冬キャンプ 寝る時間の「寒さ対策」

薪ストーブを使用していない「寝る時間」の寒さ対策を、以下に3つ挙げます。

(対策1)灯油ストーブを使用する

寝る前に灯油ストーブをつけておくと、薪ストーブが消えても暖かく過ごせます。

灯油ストーブ

灯油ストーブをつけておく場合も、薪ストーブ同様、換気状態に気を付けましょう。
(対策2)寝袋を冬対応のものに

冬の寒さに対応している「ダウン素材の寝袋」を使用しましょう。

冬キャンプ寝袋

寝袋を二重にしたり、ダウンジャケットを着て寝ても暖かく寝ることが出来ます。

(対策3)湯たんぽも効果大

水を入れた「湯たんぽ」を薪ストーブにそのまま置いて、湯たんぽを温めておくと便利です。

薪ストーブ湯たんぽ

寝袋の中に入れておけば、湯たんぽは朝まで暖かい状態を保ちます。

【デメリット3】車のラゲッジスペースを圧迫する

薪ストーブラゲッジスペース

薪ストーブは持ち運び時に、車のラゲッジスペースを圧迫します。

薪ストーブ収納

薪も一緒に持って行くなら、荷物スペースをさらに占領してしまいます。

薪ラゲッジスペース

ラゲッジスペースが心配であれば、コンパクトに収納できる薪ストーブを選びましょう。(後述します)

【デメリット4】ランニングコスト(薪代)が毎回かかる

薪ストーブに入れる薪は(使う時間と量によりますが)1泊2日のキャンプで、2束〜4束は消費します。

キャンプ薪

一束の薪は平均相場で500円〜800円くらい。

毎回、薪代だけで約1000円〜3000円はかかってきます。

【知識その3】いろんな薪ストーブの「種類の違い」を知る

キャンプ用の薪ストーブには、たくさんの種類があります。それぞれの違いを知って自分の気に入った薪ストーブを見つけましょう。

薪ストーブの主な違いは、以下の5点です。

【違う点1】「材質」の違い

薪ストーブの材質は、鉄かステンレスの2種類に分かれます。

薪ストーブ材質の違い

鉄製は、ステンレス製に比べて安価です。

ステンレス製はサビに強く、鉄製よりも長持ちします。メンテナンスも鉄と比べると比較的ラクです。

【違う点2】「煙突位置」の違い

薪ストーブ本体と煙突の接続位置は、本体の「真上」に位置するタイプと、「横向き」のタイプに分かれます。

薪ストーブ煙突位置の違い

この接続位置は、テントに薪ストーブを設置する時、非常に大事なポイントとなります。(詳しくは後述します)

【違う点3】「収納サイズ」の違い

薪ストーブは「煙突を薪ストーブ本体の中(炉内)に入れて収納できるか否か」で、収納時のコンパクトさに違いがかなり出ます。

薪ストーブ煙突収納

車のラゲッジスペースに余裕が無い場合は、煙突が炉内に入れられるタイプを選ぶと良いです。

薪ストーブの収納

また専用の収納ケースが付属しているかどうか、ピッタリサイズの市販されているケースがあるのかも確認しておきましょう。

【違う点4】「ガラス窓」の違い

薪ストーブガラス窓

薪ストーブには、炎をながめることのできる「ガラス窓」が付いているタイプ、窓が付いていないタイプがあります。

ガラス窓が付いていない薪ストーブ

ガラス窓が付いていないタイプの薪ストーブ

炎をながめる「ガラス窓」の大きさも、薪ストーブによって様々です。

出典: Orland Living
窓が大きすぎると、炉内が温まるのに時間がかかるという欠点もあります。(窓が小さい方が燃焼効率が高くなるという利点もあります)

【違う点5】炉に入る「薪サイズ」の違い

薪ストーブの大きさによって、炉内に入れることのできる 薪のサイズ(長さと太さ)が異なります。

薪ストーブに入る薪のサイズ

その薪ストーブは「何センチの薪まで入れることが出来るのか?」は、必ず確認が必要です。

一般的に市販されている薪は、40cm位の長さが多いですが、コンパクトな薪ストーブには、このサイズの薪が入らないタイプもあるので確認しておきましょう。

市販の薪

薪を入れる炉の口が小さめの薪ストーブであれば、入らない薪を斧を使って小さく割る必要もあります。

グレンスフォシュ斧

「次ページ」(↓)は、大事なポイントである【煙突をテントのどこから出すのか?】について解説しています!
スポンサーリンク
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
このブログを書いてる人
キタガガ

キャンプが好きでブログ「キャンプ200gください」を書いています。

「キャンプ200gください」の更新をフォローする
キャンプ道具
スポンサーリンク
「キャンプ200gください」の更新をフォローする
キャンプ200gください